足(親指)の巻き爪を治療・矯正しよう

 

 

 

足(親指)の巻き爪について

足の親指に爪が食い込む症状に悩まされている患者さんが多くいらっしゃいますが、このような症状を巻き爪と呼び、約10人に1人の割合で発症しております。

 

性別や年齢に関係なく巻き爪は引き起こされるという特徴があり、「痛い」「腫れている」という目に見える症状が見られない場合でも、知らず知らずのうちに予備軍になっている可能性はあるので注意が必要です。

 

巻き爪は必ずしも足の親指に引き起こされるというわけではないものの、負担の掛かりやすいこの部分に引き起こされることが多く、爪が強く内側に湾曲することで、爪の横に肉が盛り上がり、だんだんと化膿していきます。

 

「巻き爪は大したことのない症状」だと思っている方はいらっしゃいますが、痛みで日常生活に支障が出るだけではなく、悪臭を放つことも少なくないので、早めに治療や矯正を行っていかなければなりません。

 

見た目の問題だけではなく、巻き爪が進行することにより、指の肉に爪がどんどん食い込んで激痛が走り、最悪の場合は歩行が困難になることも十分にありえるのです。

 

痛みをかばうために、自然な歩行ができなくなり、その影響で足だけではなく膝や腰へと大きな負担が掛かることも珍しくないので、足の親指に違和感を感じたら何かしらの対処を行うようにしてください。


足の親指の巻き爪を治療・矯正しよう

巻き爪ブロック

足の親指に巻き爪が引き起こされていることを確認したら、早めに治療や矯正を行うことをおすすめします。

 

初期には自分の爪が巻き爪を引き起こしていることに気が付きにくいというデメリットがあるものの、見た目で少しでも食い込んでいると、自然に症状が改善されることはほとんどないでしょう。

 

何かしらの治療や矯正を行わなければ巻き爪は進行しますし、痛みも激しくなるかもしれないので、悪循環となってしまうわけです。

 

現在では、病院や皮膚科を訪れればワイヤーやプレートを使った専門的な治療を受けることができ、時間を掛けて矯正を行うことで元の正常な状態へと戻してくれます。

 

とは言え、中には病院で治療を行う時間がないという方がいらっしゃるかもしれないので、そのような方にはこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックがおすすめです。

 

巻き爪ブロックは自宅で矯正できる素晴らしいグッズで、自分で足の親指にバネを装着するだけで、嘘のように痛みが消えていきます。

 

湾曲した爪は直ぐには正常な状態に矯正できないものの、バネの力で爪を上へと持ち上げてくれるので、痛みが緩和されることは間違いありません。

 

実際に、約80%のユーザーが巻き爪ブロックを装着した後、10分以内にその違いを実感できており、口コミで評判のアイテムとなっているので、どのように巻き爪を治療すれば良いのか分からない方は試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、このページでは巻き爪ブロック以外に、どのような治療方法や矯正方法が存在するのか詳しく説明しております。

 

自分に適した方法を見つけ、それを長期的に実行していくのが一番なので、参考にしてみましょう。


VHO巻き爪矯正技術を利用しよう

病院ではVHO巻き爪矯正技術と呼ばれる治療が行われている場合があり、ワイヤーを装着することで自然な治癒力を生かして巻き爪を少しずつ治していきます。

 

「外科的手術を行うのは絶対に嫌だ」「既存の保存的治療で治らなかった」という方に適しており、VHO巻き爪矯正技術は施術に掛かる時間が短いだけではなく、爪や皮膚に損傷を与えることがないのです。

 

女性の中にはネイルアートをしている方が多くいらっしゃいますが、この矯正を行っている間でも自分の好きなように処置を施すことができます。

 

足の親指に大きな圧力が加わるとワイヤーが外れてしまうかもしれませんが、普通に日常生活を送っていれば何も支障はないはずです。

 

病院によって治療に掛かる料金は異なるので、ホームページなどで確認してみてください。


B/Sブレースで治療しよう

B/Sブレースも病院や皮膚科で行われている治療の一つで、特殊なプラスチック製のプレートを足の親指の爪に装着する方法となっております。

 

B/Sブレースを爪全体にあてがうことにより、スプリングの力が分散され、親指の肉に食い込むことがなくなるため、どこかある部分を強く圧迫することがなくなるというわけです。

 

もちろん、痛みを一時的に和らげるような治療ではなく、プレートを装着した生活を続けることにより、だんだんと巻き爪が矯正されていきます。

 

保険外の自由診療となっているところがB/Sブレースのデメリットですが、クリニックによって異なるものの、初診料と処置料を含めて1万円も掛からないですし、痛みも全くないので非常におすすめです。


内服薬や外用薬で治療しよう

巻き爪が初期段階で、足の親指が炎症や化膿を引き起こしていないという場合は、内服薬や外用薬で治療を行っていきます。

 

投薬期間は大よそ2週間程度で、医師が指示する用法と用量をしっかりと守っていれば、巻き爪の症状を和らげられるはずです。

 

もちろん、薬での治療だけに頼るのではなく、長時間の歩行を避けたり、指先に黴菌が入らないようにきちんと洗わなければなりません。