巻き爪を病院で

 

 

 


巻き爪を病院で治療しよう

現在では巻き爪を自宅で矯正する方法が流行っており、実際に利用している方は多いものの、病院で治療を施してもらうというのも選択肢の一つです。

 

ただ湾曲した爪を治すのであれば自宅での矯正でも良いのですが、炎症や化膿を伴っているのであれば、自己ケアでは改善が少々困難なので、病院で専門的な治療を行う必要があります。

 

普通の一般的な病気であれば、大きい病院へと足を運べば何とかなりますが、巻き爪の場合は総合病院が良いというわけではなく、「手術を選ぶのか?」「矯正を選ぶのか?」という方法によって選択肢が変わってくるのです。

 

矯正であればメディカルクリニックやネイルサロンで施術が行えますし、患部が化膿しているのならば美容皮膚科などで処置を施してもらった方が良いでしょう。

 

とは言え、巻き爪は何が何でも手術を行えば良いというわけではなく、手術を行った後でも再発する可能性は十分にあります。

 

現在ではあまり実施されておりませんが、病院で行われている巻き爪の治療は、足に局所麻酔をかけ、爪の両側をハサミで切り取って爪を生えてこさせなくするものでした。

 

しかし、幅自体を狭くすることで足指に思うように力が入れられなくなり、逆に歩行すら困難になるかもしれませんし、術後の患者さんへの負担が大きいので、あまり行わない方が良いのです。

 

もちろん、病院で医師の指示に従って治療を行うのがベストですが、症状がそこまで悪化していないのならば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックの方が適しているかもしれません。

 

自分で判断しない方が良い場合もあるものの、患部が腫れたり赤くなったりしていないのならば、巻き爪ブロックで矯正してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪の治療の第一人者として有名なのが金内メディカルクリニックと呼ばれる病院で、ここではフットケアの最先端と言われているドイツの矯正器具が使われております。

 

「B/S SPANGE」と呼ばれるこの矯正方法は、爪にプレートを装着するだけの簡単な処置で、皮膚や爪を全く傷つけず、張力で爪を引き上げることで痛みを和らげてくれるのです。

 

装着したその日から普通に日常生活を送れますし、薄さが0,3mmのグラスファイバー製でできているので、全く目立ちません。

 

それに、「B/S SPANGE」で矯正している最中も、上からネイルカラーを施せるので、女性にとって嬉しい巻き爪の治療方法だと言えます。

 

巻き爪専門の病院は存在しないものの、金内メディカルクリニックであれば専門医のアドバイスも受けられるので、巻き爪にならないような予防法も伝授してくれるはずです。

 

 


「巻き爪を病院で」に関するページ