巻き爪をドラッグストアで

 

 

 


巻き爪をドラッグストアで治療しよう

「巻き爪をドラッグストアで治すことはできるの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

確かに、お近くのドラッグストアで治すことができれば、これほど簡単な方法はないものの、当たり前ですが本格的な治療を施すことはできません。

 

巻き爪防止用の糸を買って痛みを和らげたり、どこのお店でも販売されているようなテーピング用テープを購入し、それを指に巻いて痛みを和らげるという処置しか行えないのです。

 

また、ドラッグストアやスーパーで販売されている脱脂綿を購入し、それを爪と皮膚の間にピンセットで詰め込み、痛みを解消するというコットンパッキングも応急処置として適しております。

 

しかし、どの方法でも痛みを一時的に和らげるだけであり、湾曲した爪自体を正常な状態に戻せるという処置ではないということを頭に入れておきましょう。

 

軽度の巻き爪であればコットンパッキングで何とかなるかもしれませんが、基本的には巻き爪を完治させるためには、ワイヤーやプレートを使用した矯正を行わなければならないのです。

 

それでも、病院を受診するまでの間、痛みを和らげて生活しやすくするために、ドラッグストアで販売されているアイテムを購入するのは一つの方法だと言えます。

 

もし、巻き爪自体を治したいと思っているのならば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用がおすすめです。

 

巻き爪ブロックはドラッグストアなどでは販売されておらず、通販でしか手に入れることができないグッズなので、インターネット上で手に入れて実際に使用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、ドラッグストアで販売されているグッズは、既に引き起こされた巻き爪を治すというよりも、巻き爪にならないような予防として適しているアイテムが販売されております。

 

その一つとしてニッパー型爪切りが挙げられ、爪を水平にカットできるため、深爪になるリスクを下げることができるのです。

 

通常の爪切りですと、刃の部分が丸まっているため、爪が円を描くように切れ、このようなカットですと両端が深爪になりやすいため、巻き爪の症状に悩まされやすくなります。

 

その点、ニッパー型爪切りですと、巻き爪の予防に適したスクエアカットができるので、このようなケアを続けていれば巻き爪が引き起こされることはなくなるでしょう。

 

また、通常の爪切りでカットするのではなく、巻き爪用ヤスリで少しずつ削るという方法も巻き爪になりにくいため、ドラッグストアで購入してみてください。

 

 


「巻き爪を病院で」に関するページ