巻き爪を皮膚科で

 

 

 


巻き爪を皮膚科で治療しよう

爪の角が皮膚に食い込む巻き爪は痛みが生じる場合があり、そのまま放置していると歩行が困難となったり、不自然な歩き方になって腰痛や膝痛が引き起こされたりするので、皮膚科で治療を行うべきです。

 

症状によっては治療が必要ない場合もあるものの、巻き爪を放置するのは良くないので、何かしらの対処を行った方が良いと説明できます。

 

そこで、このページでは皮膚科でどのような巻き爪の治療が行われているのか説明しているので、是非参考にしてみてください。


マチワイヤー法で治療しよう

皮膚科と一口に言っても普通の病院や美容皮膚科といったように様々な種類がありますが、巻き爪の治療としてマチワイヤー法が取り入れられております。

 

治療というよりも矯正と言った方が良いかもしれませんが、ニッケルやチタン合金に特殊な処理を施した弾力性のあるワイヤーを爪に装着し、痛みを和らげながら爪を正常な形に戻していくのです。

 

痛みを伴わない治療の代表格で、爪や皮膚を傷つけることなく、2ヶ月に一度の通院で爪の変形を治せるため、患者さんに大きな負担が掛からないというメリットがあります。

 

入浴や運動も通常に行えるため、日常生活に大きな支障が生じることはないでしょう。


B/Sスパンゲで治療しよう

「B/Sスパンゲ」を取り入れている皮膚科は限られているのですが、これはドイツで生まれた巻き爪の矯正法となっており、プレートを爪に取り付けるだけの簡単な施術となっております。

 

この方法は医師の資格を必要としないため、皮膚科だけではなく、ネイルサロンなどでも採用されている施術の一つなのです。

 

マチワイヤー法と同じように、痛みは全くありませんし、プレートの張力によって少しずつ爪を引き上げるため、処置を施してから直ぐに巻き爪による痛みが改善されます。

 

ワイヤーによる矯正は爪に穴をあけるため、ある程度の長さまで爪を伸ばさなければならないものの、「B/Sスパンゲ」はその必要がありません。


フェノール法で治療しよう

爪の根元を薬品を使って腐食させ、その部分の爪を生えてこさせなくする巻き爪の治療として、フェノール法と呼ばれる施術が皮膚科で行われております。

 

爪の食い込みによって炎症を引き起こし、膿んで肉芽腫ができるケースも多く、矯正の前に手術を行わなければならないのです。

 

手術と言っても局所麻酔を使った簡単な治療ですし、速やかに巻き爪による痛みが軽減されるというメリットがあります。

 

保険が適用されるので高い治療費が掛かりませんし、傷が落ち着くまで通院をするだけで良いのです。

 

 


「巻き爪を病院で」に関するページ