巻き爪は何科?

 

 

 


巻き爪は何科で治療すれば良いの?

「巻き爪を治すためには何科で治療を受ければ良いの?」という疑問を抱える方がいらっしゃいます。

 

確かに、爪医療に積極的に取り組んでいる病院はあるものの、巻き爪専門の病院はこの世に存在しないため、何科で治療を受ければ良いのか悩む気持ちは大いに分かるのです。

 

普通の病気であれば、総合病院に行くことでどの科を受診すれば良いのか教えてくれますし、何かしらの対応をしてくれるはずですが、巻き爪の場合は総合病院に行けばOKというわけではありません。

 

一般的に、皮膚科や整形外科、形成外科といった病院で巻き爪の治療や矯正をしてくれるものの、個人の症状によって適した科は異なります。

 

「ただ湾曲した爪を治すために矯正を行いたい」「炎症や化膿を解消するために手術を行いたい」というように、個人の症状によって何科を受診すれば良いのか変わるというわけです。

 

「○○の病院が巻き爪の専門である」という決まりはありませんが、爪は皮膚の病気なので、皮膚科を訪れれば何かしらの対応を行ってくれるので、お近くの病院を探すのが一番適しております。

 

とは言え、巻き爪の治療方針は医師によって大きく異なるという特徴があるので、受診する前にホームページがあるのならば、それをチェックしておいた方が良いでしょう。

 

このように、基本的に何科を受診しても間違いではないものの、巻き爪によって皮膚が炎症や化膿を引き起こしていないのならば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで十分に対応ができます。

 

病院で巻き爪の矯正を行うと意外と高い費用が掛かり、通院するのも面倒だというデメリットがあるので、自宅で巻き爪ブロックを使用し、症状の改善を図ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪によって膿が溜まっているのならば、皮膚科で手術という選択肢を取った方が良いのですが、ただ爪が湾曲しているような状態であれば、ワイヤーやプレートといった矯正がおすすめとなっております。

 

「巻き爪の矯正は何科で行われているの?」という質問をされる方がいらっしゃいますが、皮膚科やネイルサロン、そしてフットケアサロンでも行えるのです。

 

ネイルサロンやフットケアサロンでは医師が在籍していないため、薬を使った手術などは行えませんが、美容を目的とした矯正ならば十分にできるでしょう。

 

とは言え、巻き爪にならなければこのような悩みを抱える必要はないので、日頃から正しい爪の切り方を実行したり、指先に負担が掛かるような靴を履かないといったケアを行うのがベストです。

 

 


「巻き爪を病院で」に関するページ