巻き爪を整形外科で

 

 

 


巻き爪を整形外科で治療しよう

巻き爪の治療は整形外科でも行われており、「皮膚科と整形外科のどちらで診察を受ければ良いの?」という質問をされる方がいらっしゃいますが、基本的にどちらでも症状を診てくれます。

 

皮膚科では一般的に薬の使用によって表面を治すような治療を行い、整形外科では今引き起こされている傷を治すことが大きな目的なのです。

 

そのため、巻き爪によって思わしくない症状が引き起こされているのならば、どちらの病院でもその状態を改善するために最善を尽くしてくれるでしょう。

 

そこで、このページでは整形外科でどのような巻き爪の治療が行われているのか説明しているので、一度チェックしてみてください。


VHO式巻き爪治療を行おう

整形外科でも皮膚科と同じように、VHO式巻き爪治療が実施されており、チタンワイヤーを爪の両端に掛け、巻いた爪を時間を掛けて矯正していきます。

 

VHO式巻き爪治療は手術をせずに改善できる方法の一つで、施術当日から入浴や運動が可能なので、日常生活への支障が非常に小さな治療の一つなのです。

 

ワイヤーを爪の両端に掛けたり、爪の先端に2ヵ所の穴をあけて通したりと、整形外科によって微妙に治療方法が異なるので、あらかじめホームページなどで確認しておいた方が良いかもしれません。

 

皆さんが想像しているよりも苦痛が少ない矯正ですが、保険外治療なのである程度の費用が掛かるので覚悟が必要です。


ガター法を行おう

整形外科で実施されている治療の一つとしてガター法があり、ネラトンと呼ばれるゴムを使い、陥没した爪を包み込んで溝を作っていきます。

 

巻き爪の矯正では一般的にワイヤーやプレートが用いられますが、炎症や化膿が進んで不良肉芽が形成されている場合はガター法が有効なのです。

 

爪を抜かずに施術ができますし、保険が適用されるところが大きなメリットだと言えますが、局所麻酔を打って治療を行っていくため、その際の痛みに耐える必要があります。

 

とは言っても、失神するほどの痛みではないですし、炎症や化膿を放置していた方が、今後痛みが強まる可能性が高いので、早めに処置を施すべきです。


B/Sスパンゲを利用して治療しよう

整形外科でもドイツで開発された「B/Sスパンゲ」は実施されており、グラスファイバー製のプレートを装着するだけの治療となっております。

 

このプレートは使用しているうちに、だんだんと張力が弱まるため、約1ヶ月に1回の割合で交換しなければなりません。

 

巻き爪を治療するのに、症状によっては長い時間が掛かるかもしれませんが、痛みは直ぐに消えますし、何よりも安全に処置を施せるというメリットがあるのです。

 

 


「巻き爪を病院で」に関するページ