ドイツの巻き爪の治療

 

 

 


ドイツの巻き爪の治療について

ここ近年で日本でも巻き爪に対する認識は強まり、実際に皮膚科や整形外科でも様々な治療や矯正が取り入れられるようになりましたが、他の国々と比べるとまだまだ遅れております。

 

フットケア先進国と言われているのはドイツで、この国で開発された巻き爪の治療が日本でも取り入れられているのです。

 

ドイツで開発された巻き爪の治療として、ドイツVHO方式が挙げられ、この施術は爪にワイヤーを装着するテクニックで症状を緩和させていきます。

 

一般的にクリニックで行われているワイヤー法は、恐らくドイツVHO方式で、外科的手術のように患者さんに大きな負荷が加わることがないため、施術後も歩いて帰ることができるのです。

 

何よりも、爪に大きな負担を掛けることなく巻き爪の治療ができるというところがドイツVHO方式のメリットで、症状が重い場合は矯正に長い時間が掛かるものの、ゆっくりと改善していくことができるでしょう。

 

現在でもドイツでは、より患者さんに負担の少ない巻き爪の治療が開発されており、悩む人々が急激に減るということはないため、治療方法も更に進化していくはずです。

 

とは言え、病院でゆっくりと処置を受けている時間がないという方はいらっしゃるので、そのような方にはこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックをおすすめします。

 

巻き爪ブロックは、ドイツで開発された巻き爪の治療法ではありませんが、バネの力を利用して曲がった爪を正常な状態に戻せる優れたグッズなので、痛みを和らげたいという方は是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、ドイツで開発された巻き爪の治療として、上記で説明した方法だけではなく、B/Sスパンゲも挙げられます。

 

B/Sスパンゲはワイヤーではなく、プレートを貼り付けるタイプの施術となっており、平らなスプリング状となっているため、その力によって爪を持ち上げることができるのです。

 

半透明の特殊な素材でできたプレートを爪の表面に取り付けるだけの治療で、爪を一切傷つけることがないため、割れたり欠けたりといったリスクを軽減できることは間違いありません。

 

爪の一部分を圧迫することはありませんし、上からネイルカラーを施すこともできるため、B/Sスパンゲは巻き爪の治療を施していても、オシャレをしたいという女性に適しております。

 

どのような方法にしても、巻き爪は早期予防を行うことで最悪の事態を防げるので、今一度自分の足の状態を確認してみてください。

 

 


「巻き爪の治療」に関するページ