巻き爪とグラスファイバー

 

 

 


巻き爪とグラスファイバーについて

ネイルサロンや整形外科では、ドイツで開発された「B/Sブレイスクイック」と呼ばれる巻き爪の矯正が行われており、グラスファイバー製のスプリングが利用されております。

 

このグラスファイバー製のプレートを爪の表面に貼り付けることにより、爪が内側に生えていこうとする症状を抑えられるため、爪を平らにして巻き爪を治療できるというわけです。

 

それに、巻き爪によって痛みが引き起こされているという方は多いのですが、これを装着すれば短時間で痛みが和らぐというメリットがあります。

 

従来の方法では、爪の周囲の皮膚を切り取って接触しなくするような手術や、爪母を焼ききって生えてこなくさせるような施術が一般的でしたが、「B/Sブレイスクイック」は爪や皮膚を傷つけることがありません。

 

痛みなく巻き爪を治療できる方法の一つなので、多くの方から支持されているのです。グラスファイバーとは、ガラスを溶かして引き伸ばし、繊維状にしたものを指しており、アレルギー症状が引き起こされるということはほとんどないでしょう。

 

そのため、「B/Sブレイスクイック」を装着して思わぬトラブルが引き起こされたというケースはなく、安全に巻き爪の治療を行うことができます。

 

とは言え、「B/Sブレイスクイック」はドラッグストアなどでは販売されておらず、専用のセミナーを受けたりネイルサロンを訪れなければ利用することができないのです。

 

いちいち病院に行かなければならないということで、面倒だと感じる方はいらっしゃるはずなので、自宅で巻き爪の矯正を行いたいという方はこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックがおすすめとなっております。

 

巻き爪ブロックも同じように痛みが引き起こされない処置なので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、莫大な費用が掛かるというわけではなく、施術中や装着後に痛みがないということで、「B/Sブレイスクイック」を利用する価値は大いにあります。

 

しかし、この巻き爪の治療に限らず、ワイヤーを用いた方法にも言えることなのですが、巻き爪によってあまりにも炎症や化膿が酷いという場合は装着できないことがあるのです。

 

それに、爪が剥離していたり、内出血を引き起こしている方も難しく、ネイルサロンではそのような治療を行えないため、皮膚科を受診した方が良いでしょう。

 

どちらにしても、素人ではその判断を下すことができないので、巻き爪を早く治したいのであれば、一度病院を訪れてみるべきです。

 

 


「巻き爪の治療」に関するページ