巻き爪の治療にかかる費用

 

 

 


巻き爪の治療にかかる費用について

現在では約10人に1人の割合で巻き爪に悩まされていると言われており、見逃せない症状の一つですが、巻き爪を治療するに当たってどの程度の費用がかかるのか気になっている方はいらっしゃるはずです。

 

確かに、巻き爪は軽度の症状であれば絶対に治さなければならない病気ではありませんし、命に関わることはないので治療の費用が高ければ後回しにしても良いのではないかと考えます。

 

個人の爪の状態や、病院で行われている治療方法によって費用は大きく異なりますが、実際のところ膨大な費用がかかるということはありません。

 

しかし、お手頃な費用とも言えず、病院で一般的に行われているワイヤーを使った矯正は、基本的に健康保険が適用されず、1回の治療で巻き爪を完治できるというわけではないので、合計で数万円程度の費用がかかるのです。

 

同じような治療方法のプレートも全く同じで、1本当たり5,000円程度かかるプレートを使い、2ヶ月〜1年間ほど費やしてゆっくりと治していくため、トータルで数万円程度は必要となります。

 

現在ではあまり実施されていないものの、巻き爪を引き起こしている爪を焼き切る鬼塚法と呼ばれる手術があり、この施術は保険が適用されるので、ワイヤーやプレートの矯正よりは安くなるでしょう。

 

どちらにしても、そこまで高くはなく、かと言って安すぎるわけではないというのが巻き爪の治療ですが、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックは、自宅で治療ができるのにも関わらず、非常に安い費用が提供されております。

 

お一つ3,000円と、病院で行われている矯正よりも圧倒的に安いですし、何よりも痛みなく自分で処置を行えるというメリットがあるので、巻き爪ブロックを試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪の治療にかかる費用が高いということで、放置しようと考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、それはあまりおすすめできません。

 

確かに、炎症や化膿が引き起こされていなければ自然と治るだろうと考えるかもしれませんが、爪が肉に食い込むことでだんだんと痛みは加速されていくので、少しでも爪に違和感を感じたら何かしらの処置を施した方が良いのです。

 

必ずしも病院で矯正しなければならないというわけではないものの、爪と皮膚の間に脱脂綿を詰め込むコットンパッキングは、軽度の症状であれば改善されます。

 

自宅に脱脂綿とピンセットさえあれば簡単に試せる予防法なので、巻き爪にならないためにも試してみましょう。

 

 


「巻き爪の治療」に関するページ