巻き爪の痛くない治療

 

 

 


巻き爪の痛くない治療について

多くの方は巻き爪を治すに当たり、痛くない治療を施したいと考えるはずです。

 

巻き爪によって爪が皮膚に突き刺さり、激しい痛みを伴うことがあるので、痛くない治療はないと考えるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

現在では医療の発達により、病院でも痛くない治療を行えるので、どのような方法が存在するのかこのページで詳しくチェックしてみましょう。


巻き爪ブロックを使おう

巻き爪の痛くない治療の代表格として巻き爪ブロックが挙げられ、自宅で簡単に処置を施せます。

 

このグッズには、「ノーマル」「ハード」「スーパーハード」の3種類の矯正力があり、どのタイプでも爪にバネを取り付けるだけなので、装着時に痛みを感じることがないのです。

 

それどころか、爪をバネの力で上に持ち上げてくれるので、多くの方が装着してから10分以内に痛みが和らいだと口コミで記載されておりました。

 

連続で装着しても、4ヶ月程度の持久力を持っていますし、病院で矯正や手術を行うよりも遥かに安いので、一度巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 


B/Sスパンゲを行おう

「切らない」「痛くない」「即効性がある」という3つの要素を含んだ巻き爪の治療として、B/Sスパンゲが挙げられ、全ての病院で行われているわけではないものの、一般的な巻き爪の治療の一つです。

 

以前は爪母を焼き切るような手術が行われておりましたが、B/Sスパンゲはグラスファイバー製のプレートを爪に装着するだけとなっております。

 

矯正期間には個人差が生じているので一概に説明できないものの、痛くない治療だということは間違いありません。

 

この方法で出血が引き起こされることはありませんし、病院での施術時間も短いというメリットがあるので、試す価値は大いにあるのです。

 

プレートを装着していても、目立たない素材で作られているので、巻き爪を矯正していることが他人にバレることはほとんどないでしょう。


コットンパッキングを行おう

患部の炎症や化膿が引き起こされておらず、軽度の巻き爪であれば、脱脂綿を爪と皮膚の間に詰め込むコットンパッキングという治療で症状を和らげられます。

 

多くの場合、巻き爪は足の親指に引き起こされており、爪が食い込むことで激痛が走るため、清潔なコットンを詰め込むことで隙間が生まれ、痛みを軽減できるという仕組みです。

 

優しく処置を施せば、脱脂綿を詰める際に痛みを感じるということはありません。

 

ただし、コットンパッキングは巻き爪の根本的な改善にはならないということを、きちんと頭に入れておく必要があります。

 

 


「巻き爪の治療」に関するページ