巻き爪とポドフィックス

 

 

 


巻き爪とポドフィックスについて

病院では様々な巻き爪の治療が実施されており、その中の一つとしてポドフィックスが挙げられます。

 

あまり聞いたことのない治療かもしれませんが、ポドフィックスは、2008年に登場した比較的新しい巻き爪治療で、ワイヤーが内臓された合成樹脂製パッドを固定させ、そのワイヤーを持ち上げることにより両サイドが引き上がるのです。

 

「国際メディカルフットケア協会」ではポドフィックスの講習会が行われており、注目されている巻き爪の治療だということがお分かり頂けるでしょう。

 

ワイヤーによる巻き爪の矯正としては、VHO法が一般的となっているものの、ポドフィックスは爪にワイヤーを引っ掛けたり穴をあけたりといった施術を行う必要がないため、患者さんの負担を更に和らげることができます。

 

巻き爪の症状が軽度から中程度までの人に適した治療法となっており、施術中もワイヤーを装着した後も痛みを感じることがないので、積極的に試す価値があるのです。

 

巻き爪の治療に限らず、病院で病気を治す際に、「痛い」「怖い」と感じる方は多くいらっしゃいますが、ポドフィックスであれば安心して矯正ができます。

 

とは言え、病院を訪れなければならないということには変わりないので、自宅で矯正を行いたいのであれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用するべきです。

 

巻き爪ブロックも同じように痛みが引き起こされることはありませんし、お一つ3,000円と安い料金で購入できるのがメリットなので、興味がある方は試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、クリニックによって巻き爪を矯正するポドフィックスの方法は異なるかもしれませんが、直ぐにワイヤーを装着するのではなく、まずはアルコールで患部を拭いて清潔に保ちます。

 

そして、プラスチックパッドを個人の爪の形に合わせ、接着剤を爪の表面に満遍なく付けてからシュパンゲを装着するのです。

 

その後にワイヤーをニッパーで切り、UVライトとジェルで硬化させ、ポドフィックスを巻き上げれば完成で、少しずつ巻き爪の症状を和らげていくことができます。

 

ポドフィックスを利用しても1回の施術で完璧に巻き爪が矯正されるというわけではないものの、時間を掛けてゆっくりと矯正することにより、痛みなく正常な状態へと戻すことができるでしょう。

 

全てのクリニックでポドフィックスが採用されているわけではないので、巻き爪や陥入爪で悩まされている方は、気軽に専門家に相談してみた方が良いです。

 

 


「巻き爪の治療」に関するページ