巻き爪と垢

 

 

 


巻き爪と垢について

足の爪の中に黒い物体が詰まっている方がいらっしゃいますが、これはホコリなどが溜まってできた垢で、巻き爪の原因となります。

 

もちろん、足の親指が巻き爪になる大きな原因は、間違った爪切りによる深爪や、外部からの圧迫が挙げられますが、垢も忘れてはいけません。

 

指の間は不衛生な状態で保たれやすく、特に親指の爪にはゴミや垢が溜まりやすいので、雑菌や細菌が繁殖し、爪水虫にかかるというケースも珍しくないのです。

 

爪水虫が引き起こされると、だんだんと爪が固くなってボロボロになり、爪の形が変形して巻き爪になっていきます。

 

それに加えてかゆみが引き起こされることもあり、自然に爪水虫が解消されることはほとんどないので、病院を受診して専門的な治療を受けなければならないのです。

 

ただの垢であれば誰の爪にも存在しますし、そこまで心配する必要はないものの、きちんと掃除ができていないと悪臭を放つ原因ともなるので、なるべく綺麗に保つように心掛けた方が良いでしょう。

 

巻き爪が引き起こされていると痛みが生じることもあり、爪の中に潜んでいる垢を取り除けないかもしれないので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

巻き爪ブロックを装着して直ぐに症状が和らぐという万能薬ではありませんが、バネを付けて上へと持ち上げることで食い込みを防止し、継続すれば巻き爪を治せるはずなので、是非巻き爪ブロックを試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、目に見えるような黒い垢が爪の中に挟まっている場合、イメージが悪くなるので男性の方でも綺麗に掃除するかもしれませんが、白い爪垢が詰まっている場合もあるので注意が必要です。

 

爪が伸びている状態ですと、爪の中に垢やゴミが溜まりやすく、そこに雑菌が増殖して臭いが発生する大きな原因となります。

 

そのため、爪をある程度の長さまで切るだけではなく、爪ブラシや爪ケア用のスティックを使用し、爪の中に詰まっている垢やゴミをきちんと取り除くべきです。

 

爪楊枝を使って取り除いている方はいらっしゃいますが、鋭利なもので強く擦ると皮膚が傷付くかもしれないので、専用のケアグッズを使用して処置を施した方が安全だと言えるでしょう。

 

通販では爪の中を掃除するスティックが幾つか販売されておりますし、ネイルサロンで処置を施してもらうというのも一つの方法です。

 

女性であれば問題はないかもしれませんが、男性の方は意外と足元のケアが疎かになりがちなので、十分に注意してください。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ