巻き爪と深爪

 

 

 


巻き爪と深爪について

巻き爪の大きな原因として深爪が挙げられ、指先よりも後退しているところまで爪を深く切ってしまうと、爪の先は指の肉に接するようになります。

 

このような状態となると爪は日に日に伸びるので、肉の盛り上がった部分にぶつかる形となり、新しく生える爪が変形し出すので、巻き爪の症状が悪化するというわけです。

 

爪が皮膚に食い込んでいる状態を改善しなければ痛みから逃れることができないため、痛みがなくなる部分まで爪を切るでしょうが、そうなると更に深爪となって負のスパイラルから抜け出せなくなるので注意しなければなりません。

 

巻き爪の状態を治すためには爪からの皮膚の刺激を除去することで、皮膚に爪が食い込まなくなれば痛みは緩和されます。

 

しかし、だからといって深爪をしていると症状の悪化に繋がりますし、一旦治った巻き爪を予防するためにも、正しい爪の切り方を実践しなければならないのです。

 

また、深爪の状態でつま先が細くなって指先を圧迫するような靴を履いていると、両脇からの圧力によって巻き爪になりやすいので、深爪にならないように予防するとともに、靴選びも重要だと説明できます。

 

特に女性は先の尖ったパンプスやヒールを履く機会が多いかもしれませんが、巻き爪を治したいのであれば、なるべく足の親指に負担が加わらないような靴を選ぶべきです。

 

既に巻き爪が引き起こされているという方は、深爪を避けるために爪を伸ばそうとすると、肉に食い込んで痛みが発生するので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックをおすすめします。

 

まずは、巻き爪ブロックを使用して爪の形を正常に戻し、その後に深爪にならないように爪の切り方に注意していれば、同じような過ちをせずに済むはずです。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、歩く時を想像すればお分かり頂けますが、深爪になっていると爪の両端が周りの軟部組織に食い込みやすくなるので、患部が炎症や化膿を引き起こす可能性があります。

 

巻き爪で歩けなくなるほど症状が悪化するのは稀ですが、そのような危険性はゼロではないので、日頃から予防を心掛けなければならないのです。

 

赤ちゃんは自分で爪を切れないため、親御さんがカットしていると思われますが、清潔を保とうとして短く切りすぎると赤ちゃんでも巻き爪になるかもしれないので、白い部分を1mm程度残すようにしてください。

 

白い部分が少し出ている程度で十分ですし、もう少し短くしたいのであれば爪切りではなく、ヤスリで少しずつ削るという方法がおすすめです。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ