巻き爪とジェルネイル

 

 

 


巻き爪とジェルネイルについて

ジェルネイルとはネイルアートの方法の一つで、マニュキュアよりも長持ちするということで、近年では女性の間で流行しております。

 

ジェルネイルは、とろみのあるジェルを爪の上に乗せ、専用のUVライトを当てて硬化させる方法で、ガラスのようなクリア感が大きな特徴ですが、この処置によって足の巻き爪が引き起こされるリスクが増すので要注意です。

 

必ずしも巻き爪が生じるわけではないものの、技術に乏しいネイリストにあたってしまうと、ジェルネイルの施術の工程で自爪が薄くなることがあります。

 

爪が薄くなれば、それだけ圧力に負けて変形しやすくなるので、巻き爪になりやすいということはお分かり頂けるでしょう。

 

現在では、自宅で処置を施せるジェルネイルが販売されており、少し勉強するだけでプロ並みの仕上がりとなるため、可愛いネイルアートをしたいと思っている女性にとって適した製品だと言えます。

 

しかし、溶剤で施術するソフトジェルネイルは爪にピッタリと定着するという特徴があり、その状態で長く放置すればするほど爪が変形して巻き爪になりやすいというわけです。

 

指先を美しく見せるために、女性にとってジェルネイルは必要不可欠な処置かもしれませんが、巻き爪になりかけているような状態で続けると、どうしても悪化するので一度中止した方が良いかもしれません。

 

このサイトでは、病院に行かなくても巻き爪を矯正できる巻き爪ブロックをご紹介しており、日常生活に支障を来たさないという大きなメリットがあります。

 

巻き爪ブロックを足の爪に装着していても、全く違和感を感じないはずなので、興味がある方は一度使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、全ての方がジェルネイルで巻き爪になるというわけではないものの、「爪が弱い」「爪が薄い」「爪が長い」という方はジェルの弾性に負けて、巻き爪になりやすいので注意が必要です。

 

また、ケアを怠るとジェルネイルは通気性が悪いため、カビが生えるグリーンネイルと呼ばれる状態となり、他の爪トラブルが引き起こされる可能性があります。

 

お風呂や炊事などで手が濡れた状態で長く放置していると、雑菌が繁殖しやすいのでしっかりとタオルで拭き取って乾燥させるべきです。

 

グリーンネイル状態になると自然に解消されることはなく、皮膚科ではネイルを取ることができないため、先にネイルサロンを訪れるようにしましょう。

 

ネイルでボロボロになったり、巻き爪が引き起こされた状態よりも、裸の綺麗な爪の方が何倍も魅力的だということは間違いないです。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ