切り方が原因の巻き爪

 

 

 


切り方が原因の巻き爪について

爪の切り方が原因で巻き爪が引き起こされることが多く、爪は皆さんが思っている以上にデリケートだということを頭に入れておく必要があります。

 

手の爪よりも、足の爪の方が切り方に注意しないと巻き爪といったトラブルが引き起こされやすいので、その原因を排除するために正しい切り方を把握しておかなければならないのです。

 

人によっては清潔感を保つために爪を伸ばすのを嫌い、肉が見えるくらいギリギリまで爪切りでカットしている方がいらっしゃいますが、この深爪が原因で爪の形が変形し、巻き爪となっていきます。

 

本来であれば、肉を覆っていた部分まで爪を切ってしまうことで、大きな圧力が掛かり、肉が盛り上がって爪が横の皮膚に食い込む原因となるので、爪の切り過ぎには気をつけなければならないというわけです。

 

もちろん、爪が長いと不潔感が漂ってしまいますし、定期的にカットするのは大事なのですが、伸びてきた白い部分だけではなく、それが見えなくなるまでカットするような切り方は、巻き爪の大きな原因となるので、深爪が止めた方が良いでしょう。

 

皮膚が盛り上がれば、これから伸びてくる爪にとって大きな障壁となり、それが物理的な要因となって巻き爪が足の親指に生じるようになるので、切り方を見直すことは大事なのです。

 

既に爪が変形して巻き爪が引き起こされてしまったという場合は、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで矯正できます。

 

ただ自分の爪に貼り付けるだけの簡単な処置で巻き爪を解消できるものの、同じ過ちを繰り返さないためにも、正しい爪の切り方を把握しておいてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、理想的な爪の切り方は、スクエアカットと呼ばれるもので、爪の先端の白い部分が1ミリ程度残るくらいに四角くカットしていきます。

 

指のカーブに合わせて爪を切っている方が多いのですが、このような切り方は間違いで、真っ直ぐに切ることで深爪を防げるのです。

 

仕上げの際はヤスリを使って少しずつ削っていけば、爪を傷めずに理想の長さまで短くできますし、角が尖っているとストッキングなどに引っ掛かりやすいので、きちんと削らなければなりません。

 

深爪が巻き爪の原因となることで、逆に爪を伸ばしているという方がいらっしゃいますが、これはこれで別の問題が出てきます。

 

確かに、巻き爪を防ぐことができるかもしれませんが、爪が割れたり欠けやすくなり、大きなダメージが加わることが想定されるので、切り過ぎない程度に短く保つべきです。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ