子供の巻き爪の原因

 

 

 


子供の巻き爪の原因について

一度巻き爪が引き起こされると治療には時間が掛かり、ストレスが溜まる大きな原因ともなるので、初期症状のうちに対処する必要があります。

 

巻き爪は大人しか引き起こされないと考えている方はおりますが、実は子供でも引き起こされることはあり、その原因は自分のサイズに合わない靴を履いているからだと説明できるでしょう。

 

子供の場合は自分で靴を購入することは少なく、親と一緒に靴屋さんに行って買うと思われますが、デザインを重視して選んでいると巻き爪の大きな原因となるのです。

 

最近では子供でもお洒落をしている子が多く、「可愛い靴」「カッコイイ靴」と履きたいと考えるかもしれませんが、子供の成長スピードは親御さんが想像しているよりも速く、足のサイズもどんどん変化していきます。

 

つまり、親御さんが子供の靴が小さいということに気が付かず、いつまでも小さい靴を履かせてしまっていると親指に大きな負担が掛かり、爪が巻いたように生えて巻き爪の原因になるというわけです。

 

特に、子供は爪が薄いので直ぐに丸くなりやすいですし、遺伝によって巻き爪になりやすい形状を受け継いでいると、より症状が悪化しやすいかもしれません。

 

もし、両親ともに巻き爪に悩まされている場合、その子供も巻き爪になる可能性が高いので、靴のサイズには気を遣ってあげなければならないのです。

 

既に症状が進行しているのであれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックか、皮膚科で矯正を行うことをおすすめします。

 

炎症や化膿が進んでいないのであれば、自宅で利用できる巻き爪ブロックで十分に改善できるので、子供の巻き爪を治すために利用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、子供の巻き爪の原因は上記で説明したものだけではなく、爪の切り方が挙げられます。

 

もちろん、子供だけではなく、大人も間違った爪の切り方によって巻き爪が引き起こされる可能性はあるものの、子供の爪は柔らかくて変形しやすいため、強く影響を受けてしまうというわけです。

 

子供が小さいと親が代わりに爪を切っているはずですが、清潔を保とうとして白い部分まで全てカットしてしまうと、深爪になります。

 

理想的な爪の切り方は、白い部分を1mm程度残す方法で、白い部分が多少残されていたとしても、不潔ということは絶対にありません。

 

子供の巻き爪をしっかりと予防するためにも、親御さんが正しい爪の切り方を把握しておくようにしてください。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ