高齢者の巻き爪の原因

 

 

 


高齢者の巻き爪の原因について

高齢者の巻き爪の原因はたくさんあり、様々な要因が絡み合って引き起こされている可能性があります。

 

年代や環境によって巻き爪の原因は変わるという特徴があり、高齢者となるとその原因が多岐に渡るため、巻き爪の症状に悩まされやすくなるというわけです。

 

高齢者の巻き爪の原因としては、足の爪切りができていないということが挙げられ、身体が固くなりかがむことが難しくなるため、自然と爪をカットする機会が減っていきます。

 

それに、老眼が進むことで一人で爪を切っているという方は、足元をきちんと確認できなくなり、丁寧なカットができないということも原因の一つです。

 

また、高齢者となると歩いて移動するという機会が若い頃と比べて圧倒的に減り、足の指や爪に掛かる圧力が足りなくなり、それが原因で巻き爪が引き起こされると言われております。

 

確かに、足の親指に大きな負担が掛かることが巻き爪となる大きな原因なのですが、ある程度の力が全く加わっていないと、だんだんと変形する可能性があるということを頭に入れておかなければなりません。

 

高齢者の方は足元を気に掛けないという方が多いかもしれませんが、巻き爪によって痛みが生じ、転倒のリスクが増して骨折するという最悪の事態も十分に考えられます。

 

巻き爪が引き金となって、日常生活動作のことを指すADLが低下していくので、高齢者の方はこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用するべきです。

 

高齢者の方は病院を訪れるのが大変かもしれませんが、巻き爪ブロックであれば自宅でバネを装着するという簡単な方法となっているので、痛みを緩和するためにも一度使用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、高齢者の巻き爪の原因として、爪の水分が足りなくなるということも挙げられます。

 

年齢を重ねることにより、皮膚全体の水分が少なくなる傾向にありますが、その影響によって爪の水分も減少し、乾燥しやすくなって収縮して巻きやすい状態になってしまうのです。

 

一度親指の爪が巻き始めると爪の中心部分に隙間ができ、表皮から供給される水分が行き届きにくくなるので、何か対策を行わなければ巻き爪の症状はどんどん悪化していくと言えるでしょう。

 

もちろん、爪の水分量が低下するのは仕方のない現象ですが、このような原因と重なって歩行することが少なくなると、余計に症状の進行スピードが早くなるので注意が必要です。

 

巻き爪によって歩き方が不自然となり、膝や腰に負担が掛かって身体の至る部分が痛くなるという負のスパイラルから抜け出すために、高齢者の方はなるべく病院で治療を行った方が良いかもしれません。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ