巻き爪と靴

 

 

 


巻き爪と靴について

巻き爪と靴には大きな関係性があり、小さなサイズの靴や足先の細くなった靴を長期的に履くことで、靴の圧力によって爪が真っ直ぐに生えることができなくなり、横方向へ巻いて生える巻き爪になってしまいます。

 

巻き爪の初期段階はそこまで大きな症状ではないものの、親指の肉に変形した爪がぶつかると痛みが発生するので、靴のサイズや種類には注意が必要なのです。

 

特に、女性の方は極端に高いヒールや、つま先の尖ったパンプスを履く機会が多いかもしれませんが、このような靴は巻き爪の天敵なので、なるべく履かない方が良いでしょう。

 

巻き爪の初期症状であれば、自分の足のサイズにピッタリと合う靴を履くことで、だんだんと症状は和らいでいくので、病院で手術をする必要はないです。

 

女性であれば特に、デザインを重視して靴を選択することが多いはずですが、巻き爪の予備軍の方は更に親指の爪を圧迫することによって、徐々に症状が重くなっていきます。

 

そのため、親指に負荷が加わらないような靴を購入するとともに、巻き爪の予防のために巻き爪ブロックを使うべきです。

 

既に巻き爪の症状が引き起こされた状態だけではなく、予防グッズとして適していることは間違いないので、早めに巻き爪ブロックを使ってケアを行ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 


巻き爪の方の靴選びについて

巻き爪で悩まされているという方は、靴選びが重要となります。上記でも説明致しましたが、先端部が細い靴は爪先を圧迫する形となり、巻き爪を発症しやすいので、自分のサイズに適した靴選びが大事です。

 

しかし、親指に負担を掛けないからといって大きすぎる靴選びが良いというわけではなく、靴の中で必要以上に足が動くと無駄な圧力が加わるので、巻き爪が引き起こされる原因となります。

 

そのため、足と靴のフィッティングを上手くコントロールし、前滑りを防止するような靴選びを行うことにより、巻き爪の予防ができるはずです。

 

「靴は軽ければ良い」と考えるかもしれませんが、私たちの全体重を支えている重要なグッズなので、適度な重みとしっかりとした素材でなければなりません。

 

また、サポート力が高い靴下やストッキングも、皆さんが想像している以上に足の爪に大きな負担を掛けてしまうので、なるべく使用しない方が良いです。

 

巻き爪にならないように根本的なケアを行うことは、身体全体の健康度を向上させることに繋がるので、その一環として正しい靴選びを行ってください。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ