巻き爪とマニキュア

 

 

 


巻き爪とマニキュアについて

オシャレを楽しむ女性のグッズとしてマニキュアが挙げられ、自分のイメージに合う色を爪に塗っている方は多くいらっしゃるはずです。

 

手や足の爪を塗装することをマニキュアと呼び、足の爪に施す場合はペディキュアと呼んで区別するケースも少なくありません。

 

正しい方法で行っていればマニキュアが直接的に巻き爪の原因になるわけではありませんが、多少なりとも爪には負担がかかっております。

 

マニキュアを塗っても爪の形が変形して年月を重ねるとともに曲がり始め、だんだんと巻き爪になっていくことはないものの、長い間付けっ放しにしていると水分を失って変形するかもしれないのです。

 

特に、ニトロセルロースという成分がマニキュアの中に含まれていた場合、爪を構成しているタンパク質が黄色く変色し、健康を害するという懸念があります。

 

適度にマニキュアをしていれば爪を保護してくれるので逆に巻き爪の予防になるかもしれませんが、塗りすぎには十分に注意しなければならないのです。

 

死んだ細胞の爪でも健康を損なえばだんだんと変形していきますし、巻き爪になって痛みが生じることもあるので、念入りにフットケアを行った方が良いのではないでしょうか。

 

既に巻き爪が足の親指に引き起こされているという方には、当サイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

爪にシールを貼り付けるだけの簡単なケアとなっているので、美しい足に見せるためにも通販で購入してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、カラフルなネールアートは女性にとって欠かせないですし、絶対に行っていけないというわけではありません。

 

しかし、マニキュアは溶剤やポリマーといった化学成分を爪に貼り付けるため、健康的なわけがないことを頭に入れておくべきです。

 

上記で説明した以外の成分ですと、除光液が爪の健康にとって悪いと考えられており、爪や皮膚を乾燥させる成分が含まれております。

 

肌と同じように爪の乾燥によって健康が損なわれるケースは決して少なくないため、巻き爪を予防するには保湿ケアを念入りに行っていかなければならないのです。

 

そのため、マニキュアを塗る回数をできる限り減らして負担をかけないようにするとともに、ヒアルロン酸といった保湿成分がたっぷりと含まれたハンドクリームでケアを行っていきましょう。

 

以上のような点に注意していれば、マニキュアを利用する機会の多い女性でも巻き爪を予防して健康的な足を維持できるはずです。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ