巻き爪とパンプス

 

 

 


巻き爪とパンプスについて

パンプスとは女性が履く靴の一つで、ヒールと同じようなものだと考えているかもしれませんが、紐も金具もない浅い履き口なので、ヒールとは微妙に異なります。

 

パンプスは先端が細くなっていることが多く、足の親指を圧迫するため、巻き爪が引き起こされる大きな原因の一つなのです。

 

もちろん、パンプスのような足先の細い靴を履かなければ巻き爪にならないというわけではないものの、爪に圧力が加われば変形する確率は上がるので、既に症状が引き起こされているという方は、なるべく避けた方が良いかもしれません。

 

確かに、パンプスは先が細くなっていた方が美しく見えますし、デザインで靴を選びたいという女性の気持ちは大いに分かりますが、足の健康のことを第一に考えるのであれば、つま先を圧迫しない靴の方が良いのです。

 

同じパンプスでも、つま先の形状がナチュラルフォームになっているタイプは、足の指先に不要な力が加わりませんし、ネックベルトが備わっている靴であれば、かかとと足をホールドしてくれるので、足が靴の中で自由になることがないでしょう。

 

サイズが小さい靴を履くと巻き爪になりやすいのですが、逆に大きすぎる靴でも足が靴の中で自由になるため、巻き爪になるリスクは上昇します。

 

以上のように、巻き爪の矯正と予防には靴選びが非常に重要なので、自分に適したサイズの靴を選ばなければならないのです。

 

もし、既に巻き爪の症状が引き起こされているのであれば、パンプスを履かないというケアだけでは変形した爪を治せないので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックをおすすめします。

 

病院で矯正を受ける時間がないという方でも、気軽に自宅で試せるグッズとなっているので、興味がある方は巻き爪ブロックを試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、上記でご紹介した巻き爪ブロックの大きな特徴は、装着していても全く目立たないというところで、このポイントが病院で行われるワイヤー矯正とは大きく異なります。

 

それに、簡単に取り外しができますし、自分の爪のサイズに適した製品を選べるというところも、優れていると言えるでしょう。

 

ただし、巻き爪ブロックに限った話ではありませんが、いくら巻き爪を矯正するグッズを使っていたとしても、先の細いパンプスをいつまでも履いていては全く意味がないのです。

 

それに、ヒールが高い靴も、ヒールによってついた角度の下り坂を下りているのと同じ状態となるので、人間の足先には大きな負担が掛かってしまいます。

 

足だけではなく、膝痛や腰痛の大きな原因になるかもしれないので、症状が悪化しないうちに早めの対処を心掛けるべきです。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ