巻き爪とランニング

 

 

 


巻き爪とランニングについて

代表的な母趾のトラブルとして巻き爪が挙げられ、何と日本では国民の10人に1人が悩まされているというデータが出ております。

 

狭すぎる靴や深爪が巻き爪の大きな原因と言われておりますが、毎日行っているランニングによって引き起こされている可能性があるのです。

 

もちろん、ウォーキングやランニングといった有酸素運動は健康を保つために欠かせませんが、あまりにも激しい運動を行っていると足先に大きな負荷が加わり、巻き爪が生じます。

 

実際にランニングを毎日の生活に取り入れてから巻き爪になったという方は多く、つま先に大きな衝撃や圧力が加わるからこそ、巻き爪の症状に悩まされてしまうのです。

 

「スポーツをしている方全てが巻き爪に悩まされているの?」と考えるかもしれませんが、決してそういうわけではありません。

 

普段から運動をしている方は、ある程度の圧力が爪に加わっているので変形することは少ないものの、運動不足の方がいきなり長距離のランニングを始めると、爪が変形しやすいという特徴があります。

 

それに、生まれつき巻き爪が生じやすい爪質や、自分のサイズに合っていないランニングシューズの使用が大きな原因だとも言えるでしょう。

 

そのため、ランニングを始めるのであれば、デザインや履き心地よりも、靴の大きさやフィット感を一番に重視するべきです。

 

それでも巻き爪が引き起こされるという方はいらっしゃるので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックをおすすめします。

 

ただバネを装着するだけなので、本当に効果が期待できるのか疑問を感じるかもしれませんが、痛みを和らげることは十分に可能なので、巻き爪ブロックを一度使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、身体の健康のためや、デトックス効果を得るためにウォーキングやランニングを始めるのであれば、靴に気を遣うべきです。

 

靴選びを間違えると巻き爪を発症する大きな原因となりますし、症状が悪化することも十分に考えられます。

 

他のページでも詳しく説明致しましたが、ランニングシューズは大きすぎても小さすぎても巻き爪の原因となるので、余計な負担を足先に掛けないためにも、自分の足にフィットするものを選ばなければなりません。

 

このように聞くと、運動をするのが怖いと感じるかもしれませんが、食事量を減らすダイエットだけでは逆に太りやすい体質となるので、ランニングで基礎代謝を高める必要があります。

 

1日や2日だけランニングをすれば良いというわけではないものの、定期的に行っていれば基礎代謝が上がり、寝ている時も脂肪が燃焼されるようになるはずです。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ