手の巻き爪の原因

 

 

 


手の巻き爪の原因について

巻き爪は足の親指だけに引き起こされると思っている方がいらっしゃいますが、手の爪にも生じる可能性があります。

 

手の爪は足の爪とは異なり、大きな圧力が加わることは少ないので、間違った爪の切り方が大きな原因です。

 

手の爪は足の爪よりも柔らかく、短期間で丸まってしまう性質があるので、巻き爪が引き起こされやすく、深爪にしすぎたり、爪の横部分を切りすぎると奥から肌が盛り上がってしまいます。

 

初期症状では、「手の爪の形が少し変だな」と感じる程度ですが、症状が悪化するとともに変形が進みだすので、巻き爪の原因である爪の切り方を改善しなければなりません。

 

個人によて正しい爪の切り方は異なるので、ネイルサロンや病院に行って指導してもらうというのも一つの方法です。

 

また、近年では女性の間でネイルアートが流行っており、美しい手に見せるために処置を施している方が多いのですが、ジェルやスカルプが原因で手の巻き爪が引き起こされることがあります。

 

足の爪とは異なって痛みが激しくなることは少ないものの、爪の先が細くなって内側に食い込んでくると、皮膚に傷ができて化膿する場合もあるので、早めに対処した方が良いでしょう。

 

足の巻き爪であれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで矯正できますが、手の場合は専門の病院やネイルサロンで処置を施してもらうべきです。

 

しかし、もしかしたら爪が丸まりやすい可能性があり、手と同じように足の爪が変形するかもしれないので、少しでも異変を感じたら自宅で処置を施せる巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、手の巻き爪の原因については上記で説明しましたが、痛みやかゆみが引き起こされないということで、大した症状ではないと感じる方が多くいらっしゃいます。

 

確かに、見た目のイメージが悪くなるだけかもしれませんが、爪が弱くなると手作業に支障が生じるかもしれませんし、放置すればするほど手の健康状態はどんどん悪くなってしまうのです。

 

ペンを持ったりタイピングをしたりと、生きていて手を使わないということはほとんどなく、巻き爪によってそのような日常生活に支障が出るので、早めに対処した方が良いということはお分かり頂けるでしょう。

 

本来、足の爪だけではなく手の爪はカーブを描くように生えており、両端を深爪にしてしまうと余計に反ったように生え、皮膚の肉に食い込むようになるので、皮膚から真っ直ぐ水平にカットするように心掛けるべきです。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ