巻き爪と爪切り

 

 

 


巻き爪と爪切りについて

間違った爪切りを長期的に行うことにより、爪にダメージが加わりだんだんと湾曲し、皮膚に食い込むことで巻き爪が引き起こされていきます。

 

「爪切りの方法について考えたことなどない」「爪は短くしていれば問題ない」と考えている方が多いかもしれませんが、間違ったカットが原因で巻き爪になりやすくなるのです。

 

爪を伸ばしていると不潔だと思われがちなので、短く保っている方は多いものの、白い部分を全て取り除いてあまりにも深くカットすると、巻き爪の原因となるので、爪の先と皮膚が当たらない長さまで伸ばしておく必要があります。

 

そして、爪切りで真っ直ぐと足の爪を切り、仕上げにヤスリで少しずつ短くするように心掛けていれば、巻き爪を予防できるでしょう。

 

また、爪切りで足の爪を切る際は、爪の長さだけではなく切り方も大事で、円を描くようにしてカットしていると深爪になりやすいという特徴があります。

 

深爪は巻き爪の大きな原因であり、毎日の習慣によって巻き爪に悩まされるかどうか決まるので、四角くなるように平行に爪切りでカットするスクエアオフという方法を実践するべきです。

 

遺伝によって爪が変形しやすい人はいらっしゃいますが、正しい爪切りを長期的に実行していれば、巻き爪になるリスクを下げることができるかもしれません。

 

もし、毎日の爪切りの方法に注意していたのにも関わらず、巻き爪になってしまったという場合は、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックをおすすめします。

 

病院で処置を施す時間がないという方でも、巻き爪ブロックは自分で爪にバネを装着するだけの簡単な方法なので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 


巻き爪の方に相応しいニッパーの爪切りについて

コンビニで販売されているような普通の爪切りでカットしている方が大半ですが、上手く切れなかったり、ささくれができたりして悩まされているという方は多くいらっしゃいます。

 

それに、巻き爪の症状を悪化させる大きな原因となるので、症状を食い止めるためにもニッパーの爪切りの使用が最適です。

 

ニッパー型の爪切りは、爪を上下に挟んでカットするのではなく、横から刃を入れることができるため、巻き爪によって歪んだ爪に対しても切りやすいというメリットがあります。

 

一般的な爪切りよりも高い製品なので、爪切りにお金を費やしたくないと考えるかもしれませんが、巻き爪になって病院で治療を行うとなると更に高い費用が掛かるので、先行投資だと思ってニッパー型の爪切りを購入しましょう。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ