巻き爪と運動不足

 

 

 


巻き爪と運動不足について

足の親指だけではなく、その他の爪にも言えることですが、爪は自然と内側に曲がるように成長していくため、日常的な歩行で適度に圧力を与えなければなりません。

 

普段あまり歩く機会がないというように、運動不足に陥っている方は、足の親指の爪に圧力が全く加わらないため、その影響で巻き爪が引き起こされやすくなっております。

 

深爪や足を圧迫しすぎるような靴が巻き爪の大きな原因ですが、運動不足によって引き起こされるという方はいらっしゃいますし、日々の健康を保つためにも定期的な運動は必要なのです。

 

寝たきりの方や、長期間に渡って入院している方の中には巻き爪で悩まされている方がいらっしゃいますが、これは運動不足が大きな原因だと説明できます。

 

極度の肥満や激しい運動のしすぎによっても巻き爪は引き起こされるので、様々な原因によって生じる症状だと言えるでしょう。

 

運動不足ではなく、適度に足の親指に圧力が加わっているという方は巻き爪になりにくいものの、自分のサイズに合わない靴で急に激しい運動を行うと、爪が肉に食い込むようになるので注意が必要です。

 

最初は巻き爪が引き起こされていたとしても、ただ見た目のイメージが悪くなるだけですが、だんだんと激しい痛みを伴うようになり、爪の端部がトゲのようになり、それが食い込むことで炎症や化膿の大きな原因となります。

 

そのため、少しでも足の親指に違和感を感じたという方は、早めにこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使うべきです。

 

お一つ3,000円と非常に安い価格が提供されておりますし、自宅で装着できるというところが何よりも大きなメリットなので、是非巻き爪ブロックを試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、世間一般で言われている運動不足の方は、運動する準備ができていないような状態を指しており、新陳代謝が損なわれるので太りやすい体質となります。

 

肥満になれば常に親指が圧迫されたような状態となるので、巻き爪になりやすいというわけです。

 

また、運動不足の状態が長期的に続いていると、体全身の血流が悪くなり、体内に老廃物が溜まりやすくなって便秘やむくみの大きな原因となります。

 

運動不足で身体に良い影響は何一つとして引き起こされないので、毎日少しずつでも良いのでウォーキングやジョギングなど、身体を動かす習慣を付けた方が良いでしょう。

 

とは言え、今まで定期的に運動をしていないという方が、いきなり長距離のランニングを始めたり、ジムでトレーニングをし出すと、身体を壊すかもしれないので、少しずつゆっくりと始めるようにしてください。

 

 


「巻き爪の原因」に関するページ