巻き爪に関する疑問

 

 

 


巻き爪に関する疑問について

ここでは、巻き爪に関する疑問を一つずつ解決していきます。

 

巻き爪に悩まされている方は、様々な疑問が思い浮かぶはずなので、このページできちんとチェックしてみましょう。

 

 

巻き爪は足にしかできないの?

このような疑問を抱えている方は多いのですが、必ずしも足の親指に生じるわけではなく、他の指にも生じますし、手に巻き爪が引き起こされるという方もいらっしゃいます。巻き爪が親指に多いのは負担が掛かりやすいからで、他の指でも不用意な圧力が加われば、だんだんと変形してしまうのです。また、深爪も巻き爪の大きな原因の一つで、間違った爪の切り方を改善することで少しずつ解消できるため、きちんと把握しておいた方が良いかもしれません。

 

 

巻き爪矯正は目立つの?

矯正方法によって異なるので一概には言えませんが、巻き爪矯正はそこまで目立つことはありません。病院やネイルサロンでは、ワイヤーやプレートを使った矯正が行われておりますが、どちらも親指に軽く処置を施すだけなので、大きく目立たないというメリットがあるのです。ただし、どちらかと言うとプレート矯正よりもワイヤー矯正の方が目立ちやすいので、女性の方にはドイツで開発されたプレートによる治療をおすすめします。

 

 

巻き爪が再発することはあるの?

手術にしろ矯正にしろ、巻き爪が一度治ったとしても、また再発する可能性は十分にあります。1日や2日で一気に変形が引き起こされるということはありませんが、巻き爪の予防をしっかりと行っていなければ、同じような症状に悩まされるようになるので注意が必要です。巻き爪が生じてから何かしらの処置を施すのではなく、できないような予防ケアを心掛けるのが大事だと言えるでしょう。

 

 

巻き爪はどの程度で正常な形に戻るの?

これは個人の症状によって大きく変わるので一概には説明できませんが、病院や自宅で矯正を行うのであれば、大よそ半年間〜1年間程度の期間が掛かります。長いと感じる方が多いかもしれませんが、巻き爪は何が何でも手術を行えば良いというわけではありません。それに、あなたに適した治療方法は自分では判断できない場合があるので、専門医に診せるというのは一つの選択肢です。

 

 

 

さて、上記のような疑問を抱えるはずですが、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用すれば、少しずつ症状を和らげることができるはずです。

 

直ぐに変化が生じるほど甘いものではありませんが、痛みを和らげるためにも巻き爪ブロックを使用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 

 


「巻き爪に関する疑問」に関するページ