巻き爪が悪化すると?

 

 

 


巻き爪が悪化するとどうなるの?

遺伝的要素があるということで、巻き爪は仕方のない現象の一つなのですが、症状が悪化すると更に治りにくくなってしまいます。

 

巻き爪の初期段階では、「何となく爪が変形しているな」という感じなのですが、悪化することによって爪が皮膚に食い込む陥入爪(かんにゅうそう)や、爪がのの字に巻くような弯曲爪(わんきょくそう)へと変化していくのです。

 

そして、皮膚が傷つけられると、そこから細菌が入り込んで膿や肉芽腫が形成されるようになり、自宅での矯正は改善が困難となって病院で手術をしなければならないという場合もあり得るので、早めに処置を施した方が良いでしょう。

 

巻き爪による痛みを改善するために、脱脂綿を詰め込むコットンパッキングと呼ばれる方法が流行っておりますが、一時的に痛みを防ぐだけの処置なので、巻き爪自体を治せるというわけではないのです。

 

確かに、コットンパッキングで悪化を防ぐことはできるものの、爪の湾曲を正常な状態にしなければ全く意味がないので、本格的な矯正を行うことをおすすめします。

 

このサイトでは巻き爪ブロックと呼ばれる製品をご紹介しており、自宅で巻き爪の本格的な矯正を行うことができるのです。

 

お一つ3,000円で購入できる安い製品ですし、何よりも爪の表面にバネを装着するという簡単な手順が大きなメリットなので、是非巻き爪ブロックを試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪は誰にでも引き起こされる可能性があるものの、足に大きな負担が掛かるスポーツをしている方や、深爪をしている方に生じやすいという特徴があります。

 

スポーツをして身体を動かすのは良いことですが、窮屈な靴で歩き周ると痛みが増しますし、爪もより変形してしまうので、自分のサイズに合う靴を履いたり、ニッパー型の爪切りを使って巻き爪を予防するべきです。

 

巻き爪が足の親指に引き起こされなければ、症状が悪化するという心配は全くありませんし、痛みで歩行が困難となるケースも絶対にありません。

 

また、巻き爪は足の親指に掛かる大きな負担だけではなく、元々自然と内側に巻いていくという性質があるため、運動不足によっても生じることがあります。

 

つまり、一定の力で下から圧力が掛かっていないと、平らな爪を維持することはできないので、運動不足にならないように定期的に身体を動かす癖を付けるべきです。

 

悪化させないための応急処置は大事なのですが、根本的な原因を取り除くような努力をしていきましょう。

 

 


「巻き爪に関する疑問」に関するページ