巻き爪を放置すると?

 

 

 


巻き爪を放置するとどうなるの?

「巻き爪を放置するとどのような症状が引き起こされるの?」という疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

 

確かに、巻き爪の初期段階であれば、何となく爪が変形しているような状態で、特に大きな痛みも引き起こされないため、放置しても問題ないだろうと考えるはずです。

 

しかし、ただ爪が変形しているような状態ではなく、爪が皮膚の中に食い込んでいると、炎症期と呼ばれる段階に突入し、腫れや痛みといった症状が表れるようになります。

 

まだこの段階は取り返しがつかないというわけではないので、患部に薬を塗って炎症を鎮静させることにより、症状は治まっていきますし、その後に巻き爪の矯正を行えば元の状態に戻せるのです。

 

しかし、炎症期の状態で更に放置すると、化膿期に入り、皮膚の患部から細菌が侵入して大きく腫れたり、骨にまで細菌が入り込んで骨髄炎といった病気を発症するかもしれません。

 

このような最悪の事態になるまで放置するという人は稀ですが、立ったり歩いたりする際に痛みが生じるので、自然とそれをかばうような歩き方となり、腰や膝に知らず知らずのうちに負担を掛けているケースは十分にあります。

 

特に高齢者の方は、元々膝痛や腰痛を引き起こしやすくなっており、巻き爪を放置したことで更に加速されるかもしれないので、注意した方が良いでしょう。

 

巻き爪は炎症や化膿が引き起こされていないのならば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで症状を和らげることができます。

 

誰もが使えるホームケア用の巻き爪矯正グッズなので、放置して酷い状態にならない前に、改善を試みてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪によって爪が皮膚に刺さると痛いため、爪の当たっている部分を切ろうとする方がいらっしゃいますが、実はこの措置は負のスパイラルに陥る可能性があるのです。

 

爪の両端を切ると、更に丸まりやすくなる性質を持っており、今まで以上に深爪状態になるので、更に巻き爪の症状が悪化しやすくなります。

 

放置せずに何かしらの対策をしようという意気込みは非常に大事なのですが、あなたのしている行為が逆効果となっているかもしれないので、正しい方法を覚えなければならないのです。

 

患部が炎症や化膿を引き起こしていないのならば、病院で行われているマチワイヤー法やVHO矯正治療、プレートによる矯正が適しております。

 

しかし、あまりにも放置しすぎて状態が酷い場合は、爪母を焼き切るフェノール法やアクリルガター法といった手術をしなければならないので、医師と相談してみましょう。

 

 


「巻き爪に関する疑問」に関するページ