巻き爪は遺伝なの?

 

 

 


巻き爪は遺伝なの?

「巻き爪は遺伝なの?」という質問をされる方がいらっしゃいますが、確かに巻き爪になりやすい体質の方は存在します。

 

基本的には、窮屈な靴を長期的に履いていたり、爪を短く切り過ぎたというように外因性のものが大きいのですが、遺伝による影響も十分に考えられるのです。

 

小さな子供がいらっしゃる方は、「お子さんはあなたにそっくりですね」と言われることがありますが、これは顔の作りや全体的な骨格を指して評価しています。

 

しかし、場合によっては足の形や爪の形まで遺伝で引き継がれることがあり、親子で病院へと巻き爪ケアをしにくる方は決して少なくありません。

 

爪はご存知の通り非常に硬い組織ですが、その薄さには個人差が生じており、爪の厚さが薄い場合は変形しやすいので、巻き爪になりやすく、それが遺伝によって継承されるのは不思議なことではないのです。

 

もし、ご両親が巻き爪に悩まされていると、その子供も巻き爪が生じやすい因子があるということになるので、日頃からきちんと予防していなければ症状の悪化に悩まされる可能性があります。

 

体質の問題なので完全に防ぐというのは無理ですが、「自分のサイズに合った靴を履く」「深爪にならないようにカットする」「足の親指に大きな負担を掛けない」という予防をしていれば、正常な状態で維持できるはずです。

 

既に巻き爪が引き起こされて、皮膚に食い込んで痛いという方は、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用すれば、少しは痛みを軽減できます。

 

遺伝による影響で爪が柔らかく、圧迫に負けて生えて丸まったという症状でも、時間を掛けてゆっくりと矯正できるので、是非巻き爪ブロックを試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪は遺伝による影響が全てではありませんが、両親が既に悩まされていたという場合、その赤ちゃんも巻き爪になるケースはあります。

 

「赤ちゃんは巻き爪にならないのでは?」と考えている方も決して少なくはありませんが、赤ちゃんの爪の成長は非常に早く、ふと足に目をやってみると、爪が皮膚に食い込んでいたというケースは十分にあり得るのです。

 

言葉を発せない赤ちゃんは泣いて自分の感情を表現しますが、「お腹が空いていない」「おしめが濡れていない」というのにも関わらず、泣き止まないという場合は巻き爪によって痛みが引き起こされているからかもしれません。

 

子供への遺伝が心配だという親御さんは、子供が赤ちゃんの頃から爪のケアを念入りに行うようにしてください。

 

 


「巻き爪に関する疑問」に関するページ