巻き爪が痛い時は?

 

 

 


巻き爪が痛い時はどうすれば良いの?

巻き爪は爪が巻いたようになる症状のことを指しており、それだけでは特に大きな異常はないものの、巻いた爪が皮膚に刺さることで痛いと感じるようになります。

 

個人の症状によって程度が大きく異なるという特徴がありますが、ウォーキングをしたり少し走っただけでも、ズキズキと痛いと感じることは決して少なくありません。

 

「巻き爪が痛い時はどうすれば良いの?」と疑問を抱える方はいらっしゃいますが、矯正治療を直ぐにでも行うべきです。

 

そのままでも痛みが生じるので辛いのですが、放置していると傷つけられた皮膚から細菌感染を引き起こし、患部に炎症や化膿が生じるようになります。

 

そこで、一時的に痛みを抑えたいのであれば、巻き込んでいる部分にガーゼや脱脂綿を詰め込むコットンパッキングが適しており、爪を上に持ち上げてくれるので、直ぐにでも痛みが引くというわけです。

 

ガーゼなどはドラッグストアやスーパーで購入できるので、気軽に自宅で試せる処置なのですが、立っているだけで痛いという場合はそこまで効き目がありませんし、巻き爪自体を治せるという治療でもないということを頭に入れておく必要があります。

 

根本的に改善したいのであれば、コットンパッキングで痛みを和らげつつ、自宅や病院で矯正をするのが一番だと言えるでしょう。

 

あまりにも炎症が酷い場合は、病院で症状を診てもらった方が良いのですが、そこまで痛みが酷くないのであれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで十分に対応ができます。

 

自宅でバネを装着するだけですし、それだけで爪を上へと持ち上げてくれるので、痛みを和らげるとともに徐々に変形を改善できるのです。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、病院ではVHO式矯正法や超弾性ワイヤー法、プレートを使用したB/Sスパンゲなど、様々な矯正方法が実施されております。

 

専門医の下で治療を行えば安全に痛いという症状を改善できるはずですし、何よりも巻き爪にならないような予防法についても詳しく説明してくれるはずなので、再発を防止できるというメリットもあるのです。

 

どちらにしても、早めに巻き爪を治す処置を施せばそれだけ施術期間が短くなりますし、炎症や化膿にまで発展させずに済みます。

 

「まだ痛みに耐えられるから巻き爪を治す必要はないだろう」という安易な考え方をしていると、思わぬトラブルが引き起こされるかもしれないので、十分に注意しなければならないのです。

 

 


「巻き爪に関する疑問」に関するページ