巻き爪は臭いの?

 

 

 


巻き爪は臭いの?

「巻き爪が臭いのはなぜ?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、巻き爪の方で自分の足から嫌な臭いがするということで悩んでいる方はおりますが、これは巻き爪によって引き起こされているのではなく、爪の中の垢が大きな原因なのです。

 

フットケアを念入りに行わないという男性は、自分の巻き爪の症状に気が付かず、爪の垢も溜まっていたということで、巻き爪と足の臭いが同時に引き起こされたと感じるかもしれません。

 

しかし、基本的には目に見える黒い垢や目ではあまり確認できない白い垢が爪の中に溜まり、そこに細菌や雑菌が繁殖することにより、足が臭くなっております。

 

稀に、足の病気によって臭いが放たれている場合がありますが、ほとんどの方は爪の中に詰まっている垢が原因なのです。

 

爪の中を触ってみると、カスがボロボロと落ちることがありますが、これがまさしく爪の垢で、足の爪は手の爪よりも靴下や靴など密封した状態で放置されやすいため、臭いが酷くなる傾向にあります。

 

そのため、巻き爪にならないように予防を心掛けるだけではなく、爪の中を清潔に保つように努力した方が良いでしょう。

 

色々な方法が考えられますが、足の爪の中に詰まっている垢を取り除きたいのであれば、手でゴシゴシと洗うよりも、爪ブラシや爪ケア用のスティックを使用した方が簡単に綺麗にできます。

 

念入りに爪の垢を取って臭いが発生しないように心掛けていれば、巻き爪が生じているかどうか直ぐに気が付くので、症状の悪化を食い止めやすいというメリットもあるのです。

 

既に巻き爪が生じている方は、何かしらの処置を施さなければならないので、このサイトで詳しくご紹介している巻き爪ブロックを実際に試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、爪の中に詰まった垢を取り除き、足の臭いを予防するのは非常に大事なことなのですが、ピンセットや爪楊枝を使って取っていると、皮膚を傷つける可能性があります。

 

そのため、これらのアイテムでケアをする時は、丁寧に処置を施さなければなりませんし、巻き爪の方は更に痛みが増すかもしれないので、慎重に行わなければならないのです。

 

しかし、爪の垢を取っていても直ぐに臭いが改善されるとは限りませんし、1本1本の爪に処置を施すのは意外と大変なので、エタノールといった消毒液を使用し、臭いの大きな原因となっているバクテリア菌などを殺すのが良いでしょう。

 

毎日エタノールを使うのは、足指に大きな負担が掛かりますし、逆に薬剤の影響でトラブルが生じるかもしれないので、2週間に1回のペースでケアを行うべきです。

 

 


「巻き爪に関する疑問」に関するページ