巻き爪が紫色になったら?

 

 

 


巻き爪が紫色になったら?

「巻き爪が紫色になったらどうするの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

巻き爪の巻き具合や角度など症状は個人によって異なるものの、紫色に変色したらかなり症状が悪化していると覚悟した方が良いかもしれません。

 

当然のように正常な爪の色はピンクで、手や足でも同じことが言えます。

 

しかし、紫色に変色している状態は悪い雑菌が足の内部に入り込み、化膿している可能性が高く、そのままでは陥入爪へと変化しやすいのです。

 

ただ爪が巻いている状態を巻き爪と呼び、皮膚に食い込んで炎症や化膿を引き起こしている状態は陥入爪と呼びます。

 

老若男女問わず爪は健康のバロメーターですし、健康的で清潔な桃色であるに越したことはないので、紫色へと変色する前に手を打つべきです。

 

爪の変形に絡む病気の一つが陥入爪で、放置していれば痛みで歩くことすら困難な状態となります。

 

インターネットで検索すると巻き爪や陥入爪を放置し、紫色に変色してジュクジュクしたような画像を見ることができ、「気持ち悪い」「悲惨」と感じた方は多いのではないでしょうか。

 

今はただの巻き爪だったとしても、将来的にインターネットの画像のような悲惨な状態にならないとは言い切れないので、適切な対処が必要だとお分かり頂けるはずです。

 

そこで、変形した巻き爪を矯正するために、当サイトでご紹介している巻き爪ブロックをご紹介します。

 

お客様のレビューは1,000件を超えており、ネット通販のグッズの中でも高い人気を得ているので、一度巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪が陥入爪へと進行して紫色へと変化しているのではなく、黒っぽい色味を出しているならばチアノーゼ状態も考えられます。

 

皮膚や粘膜が青紫色を帯びている状態をチアノーゼと呼び、何かしらの要因で血流が滞って酸素が届かず、ヘモグロビンが酸素を手放すのが原因です。

 

誰でもチアノーゼ状態へと陥る可能性はあるものの、一向に症状が回復しないのならば悪性の貧血や心臓疾患を疑った方が良いかもしれません。

 

紫色に変色している状態が良いとは絶対に言えないので、自分の爪に異常を感じたら早めに病院で診察を受けるべきです。

 

また、巻き爪以外にも爪の変色は以下のようなトラブルが考えられます。

 

 

縦に黒い筋が入っている:皮膚がんの一種の爪下悪性黒色腫(メラノーマ)

爪の周辺が赤くなっている:筋肉が炎症を起こして力が入らなくなる皮膚筋炎

爪が黄色い状態になっている:新陳代謝の低下やリンパ系のトラブルが考えられる

爪の表面が白濁(はくだく)状態:肝硬変や糖尿病といった内臓疾患の可能性が高い

 

 

上記のように、爪の異常は全身のトラブルに繋がるので、放置せずに病院で適切な対処を行ってください。

 

 


「巻き爪に関する疑問」に関するページ