巻き爪は生まれつきなの?

 

 

 


巻き爪は生まれつきなの?

巻き爪は先天的な原因で引き起こされることがあり、生まれつき巻き爪になりやすい方は多くいらっしゃいます。

 

基本的には何かしらの圧力が親指に掛かりすぎたり、運動不足によって圧力が加わり過ぎなかったりすると、だんだんと巻き爪になりますが、生まれつき爪の薄い人や柔らかいという人は巻き爪に悩まされやすいのです。

 

これは遺伝による影響で、「爪の形が似ることはない」と考えるかもしれませんが、顔の形や骨格が親に似るように、爪質も継承される場合があります。

 

一概には言えませんが、両親ともに巻き爪に悩まされているという場合は、その子供は生まれつき巻き爪になりやすいので、普通の人よりも念入りに巻き爪をケアしてあげなければなりません。

 

医療機関で巻き爪の治療を行うにしても、手術で爪を取り去ってしまうものから、矯正器具を使っての改善など様々な方法があります。

 

どの方法が適しているのか自分では把握できないかもしれないので、専門医に相談してどのような巻き爪の治療を行えば良いのか、きちんと把握した方が良いのです。

 

仮に、生まれつき巻き爪になりやすいという方でも、絶対に治らないということはありませんし、巻き爪にならないような予防を心掛けていれば、症状が悪化することはほとんどないでしょう。

 

また、ここ近年では巻き爪を自宅で矯正する方法が流行しており、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックはそのグッズの一つです。

 

生まれつき巻き爪になりやすいとしても、諦めることはないので、巻き爪ブロックを使ってケアを行い、日常生活に悪影響が引き起こされないような対処を行ってください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、赤ちゃんは生まれつき巻き爪に悩まされやすいことが多く、大人の爪と比べて非常に柔らかいので、直ぐに巻いてしまったり、反り返ったりしてしまいます。

 

赤ちゃんによっては巻き爪の症状が急に悪化して、炎症を引き起こしたり膿が出てきたりしますが、このような症状が生じた場合は早めにかかりつけの病院で診てもらうべきです。

 

とは言え、そこまで酷くないのであれば、成長とともに爪の質が変わり、少しずつ治ることが多いので、直ぐに治療を始めなくても、様子を見るという対処で十分かもしれません。

 

赤ちゃんは最初は自分の足で歩くことができませんが、成長すると二本足で歩行するようになり、爪にある程度の圧力が加わることで、巻いている爪が少しずつ平らになるという仕組みなのです。

 

 


「巻き爪に関する疑問」に関するページ