巻き爪クリップ

 

 

 


巻き爪クリップについて

本格的な巻き爪の矯正を行いたいという方には、巻き爪クリップの使用が適しております。

 

患者さん自身で取り外しができる巻き爪クリップは、ドクターショールと呼ばれている製品で、4つのクリップで爪の先端を挟み、それらが一体となって巻いている爪に弾性の力を与えてくれるので、少しずつ巻き爪を矯正できるのです。

 

巻き爪用クリップであるドクターショールは、ニッケルやチタンでできたワイヤーよりも物理特性が及ばないのですが、それでも時間を掛けることで徐々に巻き爪は治っていきます。

 

それに、何よりも爪に穴をあけてワイヤーを通す必要がありませんし、皮膚を傷つけるような手術ではないため、患者さんの負担が軽減されるというメリットが一番大きいのではないでしょうか。

 

巻き爪クリップの装着方法さえ心得ておけば、自分の好きなタイミングで付け外しができるので、入浴や運動など日常生活に大きな支障が出ないのです。

 

しかし、このドクターショールはドラッグストアのように市販では販売されていないのですが、それは医師が使う医療器具の一つという概念なので、ネット通販やネイルサロンに流通しないように、きちんとコントロールされております。

 

いちいち病院で施術を受けるのは面倒だと感じるかもしれませんが、巻き爪クリップは自分で取り外しできるため通院する必要はありませんし、ワイヤー法よりも簡単に矯正ができるのです。

 

それでも、病院で診察を受けるのが面倒だと感じる方はいらっしゃるはずなので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックをおすすめします。

 

この矯正グッズは医師の診察は必要なく、インターネットで注文すれば手に入るので、巻き爪ブロックを使用して治療を行ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 


巻き爪クリップの価格について

巻き爪クリップは医療用の製品なので、病院を診察することで使用できるようになり、自由診療の一環となるため、その料金は1個当たり5,000円〜10,000円程度となっております。

 

この価格を高いと感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、何度でも半永久的に使えるというメリットがあるので、ワイヤーを使用した矯正よりも圧倒的に安いのです。

 

それに、価格が安いだけではなく、病院間での治療の差が付きにくいという特徴もあります。ワイヤーを使った矯正は、爪の中に2ヵ所の穴をあける施術となっており、医師の経験や技術によってその結果が大きく異なるのです。

 

その点、巻き爪クリップはどの病院でも同じような効果が期待できるため、病院選びを慎重に行うという必要はありません。

 

ただし、意外と巻き爪クリップはかさばるというデメリットがあり、直ぐに外れてしまうこともあるので、十分に注意して取り扱うべきです。

 

 


「巻き爪をグッズで」に関するページ