巻き爪ガードクッション

 

 

 


巻き爪ガードクッションについて

巻き爪の予防や対策として巻き爪ガードクッションを使用している方が多く、自宅で矯正できるグッズの一つとなっております。

 

巻き爪が引き起こされたまま歩行していると、爪が皮膚に突き刺さって痛むだけではなく、外くるぶしが外側へ下がり、骨盤まで外に開くようになるので身体に悪影響が引き起こされてしまうのです。

 

そこで矯正していかなければならないのですが、巻き爪ガードクッションは爪の部分に特殊なクッション糸を巻きつけることにより、食い込みを和らげてくれます。

 

一人ひとりによって食い込みの度合いは異なり、違ったケアが必要となるのですが、巻き爪ガードクッションは自分の状態に合わせてクッションを調節できるというメリットがあるのです。

 

糸を清潔なものに変えながら少しずつ矯正を行っていくことで、正常な状態の爪に戻せますし、歩行の度に痛いという症状は引き起こされなくなるでしょう。

 

痛くて太い糸が入らないという方のために、糸が細いタイプもあり、優しく巻き爪をケアしてくれます。

 

巻き爪ガードクッションは、1,000円〜1,500円という低価格で販売されている矯正グッズの一つで、病院で治療を施してもらうよりも圧倒的に安い料金で利用できるのです。

 

ただし、巻き爪ガードクッションは少々矯正力が弱いというデメリットがあり、酷い状態の方はあまり効果が期待できないかもしれないので、そのような方にはこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックが適しております。

 

巻き爪ブロックは全部で9種類の矯正強度から選択でき、あなたにピッタリの補正具に出会えることは間違いないので、通販で購入してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪ガードクッションは脱脂綿を爪と皮膚の間に挟みこみ、痛みを和らげるコットンパッキングのような役割を果たしております。

 

しかし、クッションを挟み込む場合は、爪や皮膚が清潔な状態でなければならないので、事前に足を洗って清潔な状態で保ってからの方が良いでしょう。

 

不潔な状態で巻き爪ガードクッションを挟むと、爪によって傷つけられた皮膚に雑菌が侵入し、炎症や化膿といった別のトラブルが発生するのでこれだけは避けたいものです。

 

また、既に炎症や化膿が引き起こされている場合、このグッズで改善を図るのは少々酷なので、専門の医療機関で処置を施す必要があります。

 

「放置しても大丈夫だろう」という軽率な判断によって、取り返しのつかない事態が起こるかもしれないので、あくまでも痛みを軽減できるグッズだと把握しておくべきです。

 

 


「巻き爪をグッズで」に関するページ