巻き爪リフトシール

 

 

 


巻き爪リフトシールの効果について

巻き爪を矯正して正常な状態へと戻す効果のある巻き爪リフトシールは、矯正グッズの中でも人気の製品の一つとなっております。

 

巻き爪リフトシールは、シールを爪の表面に貼り付け、爪を正しい位置に戻してくれるアイテムの一つで、自宅で簡単に装着できるというメリットがあるのです。

 

それなりに効果が期待できるアイテムですし、両面テープを貼るだけなので使い方が分からないということで悩むことはないでしょう。

 

巻き爪の症状が進行すると爪が皮膚に食い込み、痛みで歩けないという事態も多く、病院で矯正を行うとなると、5,000円〜10,000円程度の治療費が必要となります。

 

その点、巻き爪リフトシールは販売店によって異なりますが、大よそ1,500円程度で購入できるので、非常に安いということがお分かり頂けるはずです。

 

ただし、巻き爪リフトシールは爪の大きさによっては製品のサイズが合わず、思うような矯正効果が得られず、痛みも解消されないというデメリットがあります。

 

爪が横に広い方や、爪自体が大きい男性の方にはあまり適さず、リフトメダルのパワーに不満を持っている方は多くいらっしゃるので、他の製品を使用した方が良いでしょう。

 

実際に口コミを見れば把握できますが、巻き爪リフトシールと比べて、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックは効果が高いということで人気となっております。

 

個人の爪の形に合わせて、S・M・Lの3種類から大きさを選べる優れた製品なので、湾曲した爪を正常な形に戻したいという方は、巻き爪ブロックを使用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 


巻き爪リフトシールの使い方について

巻き爪リフトシールの使い方は非常に簡単で、シールを爪に貼り付けるだけで、爪の両端をグイっと持ち上げ、爪が皮膚に刺さる現象を解消してくれます。

 

爪が真っ直ぐになれば皮膚に刺さることはありませんし、歩行の度に痛みを感じることもなくなるので、日常生活に支障を及ぼさなくなるというわけです。

 

それに、リフトメタルの上に保護テープを覆う形となるので、少しの衝撃が加わっただけでは外れることはありませんし、巻き爪を矯正していることが目立たないので、女性におすすめの製品だと言えます。

 

上記で巻き爪リフトシールのデメリットについて記載しましたが、使い方が簡単で自宅で気軽に試せることには変わりないので、試す価値は大いにあるでしょう。

 

病院で施術を受けるというのは一つの選択肢ですが、その前に自分で治す方法を考えた方が良いのです。

 

 


「巻き爪をグッズで」に関するページ