巻き爪プロテクター

 

 

 


巻き爪プロテクターについて

巻き爪プロテクターは、巻き爪を改善して正常な爪の形に戻す製品の一つで、国内で最大手の救急絆創膏メーカーから販売されております。

 

巻き爪プロテクターの使い方は他の矯正グッズと同じように非常に簡単で、プロテクターフックを爪の両端に引っ掛け、絆創膏で固定するだけなのです。

 

絆創膏をいつまでも付けっ放しにすると、そこに細菌が繁殖して良好な状態を保てなくなるので、定期的に新しいものに取り替える必要があります。

 

爪が曲がっているだけでしたら、巻き爪プロテクターといった矯正グッズを利用するだけで少しずつ正常な状態に戻せますが、傷つけられた皮膚に細菌が侵入すると患部が化膿して、手術しなければ治らない場合もあるのです。

 

そのような状態を引き起こさないためにも、念入りにフットケアを行って、清潔な状態を保たなければならないと言えるでしょう。

 

このページで説明している巻き爪プロテクターは、テコの原理で爪を逆方向へと牽引し、圧迫部分から引き離すことによって、巻き爪によって生じている痛みを軽減するという効果があります。

 

治療後に直ぐに痛みを緩和できるという特徴があるので、歩く度に痛いという症状で悩まされている方に、適した製品なのです。

 

ただし、爪甲の先端部分に引っ掛けるように巻き爪プロテクターを装着していくため、爪の白い部分を2mm以上伸ばさなければなりません。

 

爪が食い込んで思うように伸ばせない方はこの製品を使用できないので、その際はこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用するべきです。

 

他のページでも説明致しましたが、巻き爪ブロックであれば爪を伸ばす必要はなく、バネを表面に装着するだけという簡単な手順なので、一度通販で購入してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、基本的に巻き爪プロテクターによってアレルギー症状は引き起こされないのですが、場合によっては発疹やかゆみ、被れといった症状が親指に表れる可能性があります。

 

そのような不快な症状に悩まされたのであれば、そのまま使い続けるのは非常に危険なので、直ぐに使用を中止し、場合によっては医師の診察を受けるべきです。

 

他にも、爪が薄いという方は、巻き爪プロテクターを装着していて割れるというリスクがあるので、医師の説明をきちんと聞いて使った方が良いかもしれません。

 

どちらにしても、巻き爪によって患部が化膿している場合は、矯正グッズを使う前に処置を施さなければならないので、早めに専門医に診せた方が良いです。

 

 


「巻き爪をグッズで」に関するページ