巻き爪が化膿したら

 

 

 


巻き爪が化膿したらどうするの?

爪が丸まった現象の巻き爪であれば、そこまで大きな症状とは言えませんが、爪が皮膚に食い込むことで化膿することがあります。

 

この現象だけは何としても避けなければならず、化膿した状態を長期的に放置するとどんどん症状が悪化し、最終的には切断しなければならなくなるのです。

 

巻き爪が指の肉に食い込む状態は陥入爪と呼ばれており、歩いたり運動をするだけでも足の部分に激痛が走り、日常生活に支障が出るということは間違いありません。

 

そのため、巻き爪を治すというケアも非常に大事なのですが、化膿した箇所を集中的に治すというケアを初めに行う必要があります。

 

とは言っても、巻き爪が引き起こされてから直ぐに化膿するわけではなく、最初は爪の周りの皮膚が赤くなったり、腫れといった症状を伴う炎症期に突入し、傷付いた部分に細菌が入り込むことで化膿期に入るのです。

 

しかも、腫れた患部に追い討ちをかけるように、その周辺の組織に食い込むこともあるので、化膿した巻き爪は非常に痛々しい状態だと説明できます。

 

ここまで症状が悪化して放置する方はいらっしゃらないでしょうが、細菌が骨にまで達すると骨が溶けて脆くなる骨髄炎と呼ばれる病気が引き起こされるので、何としても食い止めなければならないのです。

 

患部が化膿し始めたら病院で専門的な治療を行わなければなりませんが、ただの巻き爪であればこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックで十分に和らげることができます。

 

自宅でケアできるアイテムの中で、最も人気の高い製品なので、親指の爪に少しでも違和感を感じたら、巻き爪ブロックを使うようにしてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、化膿した巻き爪は患部に膿が溜まっているような状態なので、その膿を全て取り除くような処置が必要となります。

 

中には、針などを使用して膿んでいる箇所を破り、手で力を加えて膿を取り出すという処置を施している方がいらっしゃいますが、このような方法は非常に危険です。

 

確かに、膿を出せば化膿した部分の症状は和らいでいきますが、自分勝手な判断で対処すると巻き爪の症状も悪化するかもしれないので、専門医の指示に従って治療を行うのがベストだと言えるでしょう。

 

病院ではフェノール法と呼ばれる施術が行われており、これは薬品を使って爪母を焼ききり、爪を生えてこさせなくするための手術です。

 

大きな痛みはありませんし、治療時間も短いというメリットがあるので、化膿した巻き爪で悩まされている方は、専門医の指示に従って治療を受けてください。

 

 


「巻き爪が化膿したら」に関するページ