化膿した巻き爪の応急処置

 

 

 


化膿した巻き爪の応急処置について

化膿した巻き爪の応急処置を施すために、市販で販売されているマキロンなどを使い、ガーゼで押さえて症状を和らげようとしている方は多くいらっしゃいます。

 

確かに、化膿した状態は症状の進行が早く、早急に対応しなければ巻き爪の症状もどんどん悪化していくため、何かしらの対処を行わなければならないのです。

 

しかし、自分の判断で行う応急処置は、更に治りにくくさせる大きな原因であり、全く良くならない可能性があるということを頭に入れておく必要があります。

 

一般的に、化膿性皮膚疾患用の軟膏を患部に塗ったり、膿を搾り出して患部を清潔に保つという応急処置が適していると言われておりますが、これらの対処は全て自己責任で行わなければならないのです。

 

2chで紹介されているような方法を試し、化膿した巻き爪を治すことができたという方はいらっしゃいますが、素人の判断は非常に危険なので、専門医の診察を受けた方が良いということは間違いありません。

 

様々な巻き爪の患者さんを診てきた専門医であれば、あなたの症状をチェックし、どのような治療法を行えば良いのか掲示してくれます。

 

その指示に従って対処していくことで、巻き爪の症状の悪化を防ぎ、化膿した状態を和らげることができるのです。

 

このサイトでは、巻き爪を治せる巻き爪ブロックをご紹介しておりますが、あくまでも巻いた爪を正常にできるだけで、化膿した状態を改善するのは不可能だと言えます。

 

病院やネイルサロンで巻き爪の矯正を行うと、かなりの金額が必要となるので、病院で化膿した患部を治したら、その後に巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪によって引き起こされた痛みを改善するために、コットンパッキングと呼ばれる応急処置が流行っており、小さく切ったコットンを爪と皮膚の間にピンセットで入れていきます。

 

こうすることで、爪が皮膚と接触することがなくなるため、痛みを和らげることができるものの、化膿した状態の応急処置としては全く使えません。

 

もちろん、痛みだけでも和らげられれば普段の生活が楽になりますが、化膿した患部が自然と治っていくことはないので、専門医に診せて本格的な治療を行っていかなければならないのです。

 

仮に患部が化膿していたとしても、必ずしも手術を行わなければならないわけではありませんし、処方された化膿止めの内服薬で症状を和らげられます。

 

全ては専門医の判断によるので、皮膚科を受診して指示を得るようにしてください。

 

 


「巻き爪が化膿したら」に関するページ
化膿した巻き爪の応急処置
化膿した巻き爪の消毒
化膿した巻き爪と妊婦