化膿した巻き爪の消毒

 

 

 


化膿した巻き爪の消毒について

化膿した巻き爪が良好な状態とは決して言えないので、消毒をすることによって少しでも症状を和らげることができます。

 

消毒しても巻き爪自体を治せるというわけではありませんが、化膿した部分を少しでも和らげるためには、この処置は必要不可欠なのです。

 

ただし、専門医の指示に従って処置を施してもらうのならばまだしも、自分の判断で市販の薬を使って消毒を行うと、もっと酷くなる可能性があるので、全て自己責任で行わなければなりません。

 

手っ取り早い方法は、患部の膿を取り除くことなので、手で膿を出すのが最適なのですが、きちんと消毒して行わなければ手の細菌が入り込み、化膿が更に悪化してしまいます。

 

それに、膿をガーゼなどで拭き取って消毒液を付けてみたり、化膿性皮膚疾患用の軟膏を塗ったりといった応急処置を試したくなるかもしれませんが、あまりおすすめできる方法ではないのです。

 

患部を消毒して清潔に保つというケアは欠かせませんが、個人の判断では症状に見合った適切な対処が行えないので、きちんと専門医に診せる必要があります。

 

「ウレパール軟膏」や「キップパイロール」といった市販薬が販売されておりますが、「これを付けていれば治る」という自分勝手な判断は危険なのです。

 

そのため、病院で処方された消毒液などを使用し、化膿した患部を治すように心掛けていきましょう。

 

しかし、化膿した状態を改善できたとしても、巻き爪を治さなければ同じような症状が繰り返されてしまうので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで処置を施すことをおすすめします。

 

巻き爪ブロックは、「ストック買い」「リピート買い」している方がたくさんいる人気製品の一つとなっており、少しずつ巻いた爪を正常な状態に戻せるので、一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、化膿した患部を消毒し、膿を取り除くというケアは大事なのですが、元々の原因は巻き爪なので、巻き爪が引き起こされないような予防を心掛けるべきです。

 

爪の切り過ぎによる深爪や、爪の水虫による爪白癬が巻き爪の大きな原因だと言われております。

 

遺伝によってちょっとした衝撃でも爪が丸まりやすいという方はいらっしゃいますが、深爪にならないように注意すれば良いですし、足元を清潔に保っていれば爪白癬にかかることはないでしょう。

 

また、自分の足のサイズに合わない靴を履き続け、そのせいで足の指先に大きな圧力が加わり、皮膚が傷付いて巻き爪が引き起こされるというケースも十分にあり得るので、靴選びには十分に注意が必要です。

 

 


「巻き爪が化膿したら」に関するページ