巻き爪と鎮痛剤

 

 

 


巻き爪と鎮痛剤について

ただ爪が巻いている巻き爪ならば、痛みで歩けないような状態に陥ることはありません。

 

しかし、巻き爪を放置していると次第に皮膚へと突き刺さり、炎症や化膿を引き起こした陥入爪と呼ばれる状態になるため、鎮痛剤が必要になる場合もあります。

 

鎮痛剤で巻き爪自体を治せるわけではありませんが、痛みで日常生活に支障が生じているような人におすすめです。

 

病院では消炎鎮痛剤のロキソニンが処方されておりますし、ドラッグストアで購入することもできます。

 

その名の通り、炎症と痛みを鎮めるお薬が消炎鎮痛剤で、誰でも一度は人生の中で使ったことがあるのではないでしょうか。

 

塗り薬ならば巻き爪の炎症を抑えられますし、内服薬で痛みを緩和して普通に歩けるように施すことも可能です。

 

ただし、巻き爪による痛みが酷いからといって、長期間に渡って消炎鎮痛剤を服用していると胃腸障害のような副作用が引き起こされやすくなります。

 

あくまでも痛みを取り除く作用を得られるのが消炎鎮痛剤で、巻き爪が皮膚に突き刺さっているという根本的な要因を取り除かなければ意味がないのです。

 

鎮痛剤に限らず、どんな医薬品にも嬉しい作用と避けたい副作用の両方があるため、できる限り自分の判断で選ぶのではなく病院を受診して医師に処方してもらった方が良いでしょう。

 

当サイトでは、巻き爪を根本的に治すための巻き爪ブロックと呼ばれるグッズをご紹介しております。

 

足の親指に装着して巻き爪を矯正してくれる人気のグッズなので、症状が悪化する前に一度使用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、医薬品の種類によって異なるので一概には説明できませんが、基本的に消炎鎮痛剤は血管を開く物質の生産を阻害する働きがあります。

 

血管を閉じるように働きかけ、患部の血流と痛み物質が止められるので、服用によって巻き爪による痛みは緩和されるのです。

 

確かに、ある程度の痛みならば和らげられるので利便性は高いものの、身体が治そうという反応をやめてしまうため、長期間に渡る服用で自然治癒力が下がっていきます。

 

胃腸障害といった目に見える副作用だけではなく、自然治癒力の低下という弊害もあるため、上記では長期間に渡る服用は避けた方が良いと説明致しました。

 

巻き爪や陥入爪を治せば痛みで悩まされる心配はありませんし、消炎鎮痛剤を服用しなくても日常生活を送ることができます。

 

医薬品に頼るような生活をできる限り避けた方が良いのは間違いないので、用法と用量には十分に注意してください。

 

 


「巻き爪に効く薬」に関するページ