巻き爪とエピロンエー

 

 

 


巻き爪とエピロンエーについて

湧永製薬株式会社から製造されている化膿性皮膚疾患用薬がエピロンエーで、第2類医薬品に該当します。

 

化膿の原因となるブドウ球菌やレンサ球菌といった細菌を殺菌する力があるため、赤く腫れ上がった巻き爪の処置としても活用されているのです。

 

エピロンエーには治療効果を高めるために、下記のような成分も同時に含まれています。

 

 

尿素:硬くなった角質を柔らかくして柔軟な状態を維持する

ビタミンA油:脂溶性のビタミンで皮膚の角化を正常化してくれる

酸化亜鉛:穏やかな消炎作用が期待でき、肌に大きな刺激を加えない

アラントイン:新陳代謝を促したり炎症を抑えたりという作用が期待できる

トコフェロール酢酸エステル:肌荒れの大きな原因となる過酸化脂質の生成を防ぐ

 

 

様々な成分がバランス良く配合されている塗り薬で、刺激の少ない油性基剤を用いた軟膏なのも大きな特徴です。

 

副作用が一切引き起こされないというわけではありませんが、巻き爪の治療薬の中では比較的穏やかなのは間違いありません。

 

炎症や化膿の状態によって適した塗り薬は異なるので一概には説明できないものの、最初から強い薬を使うのではなく弱めの作用が得られるものから始めた方が安全です。

 

エピロンエーの使い方は非常に簡単で、1日に数回に渡ってガーゼやコットンに伸ばして塗布する形となります。

 

エピロンエーで炎症や化膿が治まったら、今度は当サイトでご紹介している巻き爪ブロックで湾曲した爪を矯正していくべきです。

 

自宅で巻き爪を矯正できるグッズの中でも巻き爪ブロックは人気を得ているので、是非一度通販で購入してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪に効き目のある医薬品としてはエピロンエー軟膏だけではなく、テラ・コートリル軟膏やテラマイシン軟膏、クロマイ軟膏やウレパール軟膏なども挙げられます。

 

ドラッグストアで気軽に購入できる塗り薬もありますし、一時的な対処として使用するのは良いかもしれません。

 

しかし、どの塗り薬にしても雑菌の繁殖による炎症や化膿を和らげる作用しか持っておらず、巻き爪自体を治せるわけではないと心得ておくべきです。

 

塗布するだけで巻いた爪が正常な状態に戻るような塗り薬はありませんし、炎症や化膿が良くなった後に別のケアを行うようにしましょう。

 

自力での改善が難しいのならば無理に市販薬に頼るのではなく、効果的な処置を受けるためにも皮膚科を受診して専門医の意見を伺ってみてください。

 

 


「巻き爪に効く薬」に関するページ