巻き爪とゲンタシン

 

 

 


巻き爪とゲンタシンについて

ゲンタシンとは細菌による感染症を防ぐための薬で、巻き爪によって皮膚が炎症や化膿を引き起こす場合もあり、病院で処方されることがあるのです。

 

ゲンタシンは抗生物質の一種で、細菌を殺菌して化膿した患部を治してくれる効果があり、皮膚病の治癒にも使用されている薬なので、塗るだけで症状を緩和できます。

 

もちろん、ドラッグストアなどで販売されている薬と同じように、ゲンタシンで巻き爪自体を解消できるわけではないものの、化膿した状態をいつまでも放置するのは衛生的に良くないので、薬で処置を施した方が良いのです。

 

ステロイドは含まれておりませんし、不快な臭いがすることもなく、半透明で塗りやすい薬の一つなので、皮膚科でゲンタシンが処方されることが多いかもしれません。

 

ただし、ゲンタシンは抗生物質の中でも強い薬で、長期的に使用すると体内に耐性菌が生まれて効き目がなくなるかもしれませんし、自分の判断で使用を中止するのも危険なので、お医者さんに指示された通りに服用していく必要があります。

 

そして、患部の炎症や化膿が良くなったら、今度は巻き爪を矯正していかなければならないので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックがおすすめです。

 

薬のように即効性があるグッズではありませんが、長期的に装着していれば少しずつ爪の変形を解消できるので、是非巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪によって引き起こされた炎症や化膿に効き目があるゲンタシンは、その効果が強力であることから、副作用の発生率も多いという報告がなされております。

 

特に何事もなく使用できたという方はいらっしゃいますが、発疹や腫脹、小水疱といった副作用が引き起こされるリスクがあるのです。

 

それに、呼吸困難や急性腎不全といった重大な病気が生じることもあるので、自己判断で使わない方が良いということがお分かり頂けるでしょう。

 

そして、ゲンタシンで症状を和らげられたとしても、巻き爪が完全に治っていなければ再発するかもしれないので、病院での矯正や上記でご紹介した巻き爪ブロックで処置を施していかなければならないのです。

 

症状の度合いによっては矯正に長い期間が掛かるかもしれませんが、毎日の予防を心掛けていれば症状は和らいでいきます。

 

また、患部が化膿したり腫れたりといった症状は、細菌の繁殖が引き金ですが、食生活の乱れが原因かもしれないので、野菜を食べてビタミンCやビタミンBを多く摂取するようにしてください。

 

 


「巻き爪に効く薬」に関するページ