巻き爪と抗生物質

 

 

 


巻き爪と抗生物質について

「巻き爪は抗生物質で治せるの?」という疑問を抱えている方がいらっしゃいますが、巻き爪によって生じた炎症や化膿は抑えられるものの、巻き爪自体を治すことはできません。

 

抗生物質は飲み薬や塗り薬など様々な種類が存在しており、薬によって効き目や使い方が異なりますが、基本的に炎症を抑えるために使われます。

 

まり、爪で皮膚を傷つけてしまい、そこから雑菌が侵入して膿んでしまったという症状は治せるものの、爪の変形を抗生物質で改善することはできないのです。

 

巻き爪によって肉芽が形成されるといった症状は爪周囲炎と呼ばれており、軽度であれば自然と治ることもありますが、基本的には何かしらの処置を行う必要があります。

 

そこで、病院を訪れると抗生物質の処方が行われ、爪周囲炎を治すための第一選択なのです。

 

抗生物質は悪い細菌をやっつけるという効能を持ち合わせておりますが、身体にとって良い影響を与えてくれる腸内細菌も殺してしまうので、できれば服用せずに治したいと考えている方がいらっしゃいます。

 

確かに、この気持ちは大いに分かりますが、信頼できる医師の診断に従って治療を行っていけば間違いはないので、ある程度のリスクは仕方ないでしょう。

 

ただし、抗生物質を使っても巻き爪自体を改善できるわけではないので、炎症や化膿が和らいだら、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用するべきです。

 

巻き爪ブロックであれば、極端に湾曲した爪でない以上、時間を掛けることで正常な形に戻せるので、是非購入して使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、炎症や化膿を抑えるために抗生物質を使用しますが、ここで一番大事なのは患者さんの症状に適した種類の薬を選択するということです。

 

薬の選び方や使い方次第では巻き爪が悪化する可能性が少なからずあるので、抗生物質は素人の判断では絶対に使用してはいけません。

 

それに、漫然と使い続けていると、薬に強い耐性菌が生まれることがあり、だんだんと効き目がなくなっていくので、正しい用法と用量を守る必要があります。

 

つまり、抗生物質で巻き爪によって引き起こされた炎症や化膿を治療する場合、専門医の指示を絶対に守らなければならないというわけです。

 

薬の種類によっては副作用が引き起こされるかもしれないので、事前にどのような症状が起こり得るのか確認し、少しでも思わしくない症状が身体の一部に表れたら、医師に相談するようにしましょう。

 

 


「巻き爪に効く薬」に関するページ