巻き爪と麻酔

 

 

 


巻き爪と麻酔について

ワイヤーやプレートを使用した巻き爪の矯正では痛みが全くないので、麻酔を打つ必要もないのですが、手術を行うという場合は局所麻酔を打つことがあります。

 

爪の手術で全身麻酔を打つと過剰診療となり、医師が罰せられる可能性があるため、局所麻酔しか使われないのですが、医師の判断によって打つ薬の量が決まるのです。

 

巻き爪は必ずしも手術をしなければならないような症状ではないものの、ただ爪が曲がっているだけではなく、炎症や化膿を伴っており、激痛が全身を走るような場合は専門的な治療が必要となります。

 

現在では、爪母を根っこから切除するフェノール法や、チューブを親指と爪の間に挟んで皮膚への食い込みを防ぐガター法が実施されており、これらの施術は局所麻酔が使用されるのです。

 

「麻酔はとんでもなく大きな痛みが引き起こされるのではないか?」と不安になるかもしれませんが、個人差はあるものの基本的に耐えられるレベルの痛みなので心配はありません。

 

人によっては、チクっと痛むだけですし、腕に打つ注射のようなイメージなので、大人であれば難なく耐えられると思います。

 

どの手術方法を選択するかは医師の判断によって決まるので、その通りに従うのがベストです。

 

とは言え、足に違和感を感じた時点で対処していれば、巻き爪で手術をしなければならないほど症状が悪化することはないでしょう。

 

このサイトでご紹介している巻き爪ブロックであれば、爪の変形を正常な状態へと戻せますし、麻酔の必要もなく自宅で装着できるので、手術が必要となる前に使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、麻酔は薬の一種なので、副作用が引き起こされる可能性はあるものの、巻き爪の治療として使用されるのは少量なので、基本的にはないと思って良いです。

 

麻酔を打つ時だけの痛みを我慢すれば、施術中に痛みを感じることはないですし、フェノール法やガター法であれば、麻酔が切れた後でも大きな痛みは生じません。

 

しかし、麻酔を使用した際に、吐き気や頭痛、喉の痛みや発熱といった副作用が引き起こされることはあるので、一応頭に入れておくべきです。

 

 


「巻き爪に効く薬」に関するページ