巻き爪と塗り薬

 

 

 


巻き爪と塗り薬について

巻き爪自体を塗り薬で治すことはできませんが、炎症や化膿が引き起こされているという場合は、塗り薬の使用が効果的となっております。

 

整形外科や皮膚科を受診するとリンデロンといった塗り薬が処方されることがあり、それを医師の指示に従って使用することで炎症や化膿を和らげていくことができるのです。

 

巻き爪を治さなければ根本的な原因を排除できるわけではないので意味がないのですが、膿が患部に付着しているような状態は決して良好とは言えないので、まずは炎症を和らげる必要があります。

 

どのような塗り薬が処方されるのかは全て医師の判断によるもので、自分の症状に適した薬を出してくれるでしょう。

 

そして、患部の腫れや赤みが解消された後に、巻き爪を治す矯正や治療を行っていき、正常な爪の形にできれば爪が皮膚に突き刺さることはないので、同じような症状は引き起こされないはずです。

 

ただし、市販で販売されている塗り薬を使用するのは、あまりおすすめできません。

 

軟膏薬のクロマイ-Pや、皮膚を柔らかくしてくれるウレパール軟膏といった薬がドラッグストアでは販売されておりますが、自分の判断で薬を勝手に使うと思わぬトラブルが引き起こされる可能性があります。

 

症状を和らげるために塗り薬を使用しているのにも関わらず、逆に症状が悪化しては全く意味がないので、医師の指示に従わなければならないのです。

 

塗り薬である程度症状が改善されたのであれば、その後はこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使ってケアをしていくのが適しております。

 

巻き爪ブロックは痛みなく巻き爪を矯正できるグッズの一つとなっており、通販で気軽に購入できるので是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、化膿を伴った巻き爪の場合、まずは塗り薬などで症状を抑えた後、矯正を行っていくので完治するまでにかなりの長い期間が掛かる可能性があります。

 

フェノール法やガター法といった巻き爪の手術を行えば、治療期間を短縮できますが、必ずしも手術を施せば良いというわけではないので、医師としっかりと相談するべきです。

 

特に、巻き爪の矯正は個人の症状によって異なるので何とも言えませんが、場合によっては半年間以上費やすことも少なくなく、根気良く治療を行っていかなければなりません。

 

しかし、途中で治療を諦めてしまっては爪の変形を解消することはできませんし、爪が皮膚に刺さって激痛に耐える毎日が続くかもしれないので、覚悟を決めて治療に取り組むべきです。

 

 


「巻き爪に効く薬」に関するページ