巻き爪ブロックについて

 

 

 


巻き爪ブロックについて

「巻き爪が皮膚に刺さって痛い」「巻き爪のせいでお洒落を楽しめない」「痛みで不自然な歩き方になってしまう」という症状で悩まされている方は、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

巻き爪ブロックは、「食い込んだ爪を何とかしたい」「足を踏みしめるのが怖い」という方に適しており、付属のバネを装着するだけで痛みを和らげ、少しずつ巻き爪を正常な形に戻してくれるグッズなのです。

 

巻き爪の治療と聞くと、多くの方は病院での施術を頭に思い浮かべるかもしれませんが、現代では自宅で矯正を行うというのが一般的な方法となっております。

 

もちろん、食い込んだ爪によって皮膚が傷付き、そこに雑菌が侵入すると炎症や化膿を引き起こして自分では対処できない状態となるので、病院で症状を診てもらった方が良いかもしれません。

 

しかし、そこまで症状が悪化していないのならば、爪自体の厚さや硬さによっても矯正効果は異なるものの、巻き爪ブロックで痛みを和らげることができるのです。

 

絶対に変化が引き起こされると言い切ることはできませんが、巻き爪ブロックを使った約8割のユーザーが、10分以内にその違いを体感しております。

 

お一つ3,000円と非常にお手頃な価格が提供されており、病院で治療や矯正を行うよりも遥かに安いので、巻き爪を治す方法が分からないという方は一度巻き爪ブロックを試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪の治療が行われたのは1938年にイギリスで行われたのが最初で、巻き爪の両側を引っ張ると矯正できるということが証明されました。

 

それ以降、ヨーロッパでは本格的に巻き爪ケアが行われたものの、日本にはそこまで浸透しなかったというのが事実です。

 

しかし、ここ近年で巻き爪による足の辛さを抱えているという方が多くなり、フットケア後進国の日本でも積極的に巻き爪の治療や矯正が行われるようになりました。

 

最初は病院での治療や矯正しかありませんでしたが、保険外治療で患者さんに大きな負担となるということで、現在では安い料金で自宅で矯正できる巻き爪ブロックなどが販売され始めたのです。

 

自宅での矯正グッズは巻き爪ブロックだけではなく、巻き爪ガードクッションや巻き爪リフトシールなどたくさんの種類がありますが、その中でも巻き爪ブロックが口コミで評判となっております。

 

ホームケア用ということで侮っている方はいらっしゃいますが、クリニックと大きく変わらない矯正方法なので、症状が悪化する前に使うべきです。

 

 


「巻き爪ブロック」に関するページ