巻き爪ブロックの価格

 

 

 


巻き爪ブロックの価格について

自宅で痛い巻き爪を矯正できる巻き爪ブロックは、非常にお安い価格が提供されております。

 

個人の爪の大きさに合わせて「Sサイズ」「Mサイズ」「Lサイズ」の3種類がありますが、どれも3,000円という価格で販売されているのです。

 

公式サイトや楽天市場、アマゾンといったどの販売店でも送料に違いは生じているかもしれませんが、巻き爪ブロックの製品自体は3,000円となっております。

 

病院で巻き爪の手術を行う場合、保険が適用されるのでそこまで高い費用は掛からないものの、ワイヤーやプレートを使った矯正は保険外治療なので、トータルで数万円以上掛かるというケースも少なくありません。

 

それに、高い料金を支払って巻き爪を矯正できたとしても、再発するリスクがあるので、炎症や化膿が引き起こされていないという場合以外は、病院で施術を受けない方が良いのです。

 

巻き爪ブロックであれば3,000円という価格で済むものを、わざわざ数万円も支払わなければならないので、無駄が大きいということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

もちろん、病院での矯正が無意味というわけではありませんし、専門医のアドバイスを伺えるため、メリットは幾つかあるものの、巻き爪の矯正に掛かる費用という面だけで見てみると、大きなデメリットがあるのです。

 

巻き爪ブロックのバネは使い方によって異なりますが、大よそ4ヶ月間は張力が持続しますし、3,000円という価格は物凄い安いはずなので、巻き爪の悩みを抱える方は是非使用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪ブロックは単品で購入すると3,000円という価格ですが、全てのサイズが含まれたセットが3,600円という料金で購入できるので、非常にお得だということがお分かり頂けます。

 

巻き爪の矯正グッズは自分に適したものを使わなければ意味がありませんし、実際に装着してみた感触で決めるのが一番なので、巻き爪ブロックのフルセットは意外と人気なのです。

 

巻き爪を矯正できるグッズはこれだけではなく、巻き爪リフトシールや巻き爪ガードテープなど様々ですが、利用者の評判をチェックしてみると、巻き爪ブロックの評価が一番高くなっております。

 

これらの製品は巻き爪ブロックよりも価格が安いというメリットがあるものの、安ければ安いほど良いというわけではないので、注意しなければなりません。

 

巻き爪ブロックに返金保証などは付いておりませんが、3,000円という安い製品なので必要ないはずです。

 

 


「巻き爪ブロック」に関するページ