巻き爪ブロックの効果

 

 

 


巻き爪ブロックの効果について

ここでは、巻き爪ブロックの効果について詳しく説明していきます。

 

巻き爪ブロックがどのような効果を持ち合わせている製品なのか、このページでしっかりとチェックしてから使用してみてください。


痛みを和らげられる

巻き爪ブロックを使用する上で一番の効果は、爪が皮膚に食い込む痛みを和らげられるということです。

 

巻き爪の症状は個人によって異なりますが、症状が悪化すると爪の両端が丸まって皮膚に食い込む形となり、歩くたびに上から圧力が掛かることで痛みが生じます。

 

しかし、巻き爪ブロックを爪の端に引っ掛けてバネの力を利用して上に持ち上げることにより、食い込みを防止してしてくれるので、自宅で本格的な矯正ができるホームケア用品なのです。

 

初期症状ではチクチクと足の先が痛む程度かもしれませんが、症状が悪化することにより一層痛みは強まりますし、その痛みをカバーするために不自然な歩き方となり、その影響で全身に異常が生じることも少なくありません。

 

そのような状態を直ぐに改善してくれるアイテムが巻き爪ブロックとなっており、工業用のバネが採用されているので、華奢な見た目によらず意外と矯正力が強いのです。

 

これを引っ張ってみればスプリングの強度を把握できるので、爪を持ち上げて痛みを和らげる効果があるということを把握できます。

 

この矯正グッズを装着していても、普段と同じようにネイルアートなどを楽しめるので、女性にとって非常に心強い製品なのではないでしょうか。


巻き爪を矯正できる

巻き爪ブロックは、痛みを和らげるだけではなく、爪の変形を正常な状態に戻し、巻き爪を矯正できるという大きな効果を持ち合わせております。

 

脱脂綿を爪の両端と皮膚の間に入れて痛みを和らげるコットンパッキングや、伸縮テープを親指に巻いて皮膚に食い込ませないようにするテーピング法は、あくまで応急処置の一環なのです。

 

これらの措置で巻き爪が治るということはほぼないと考えて良いので、根本的な矯正をしたいのであれば、巻き爪ブロックが非常に適しております。

 

病院やネイルサロンでは、ワイヤーを利用したVHO矯正が施行されておりますが、巻き爪ブロックは自宅で行える簡易版といったところでしょうか。

 

初めて使う方は、どのように装着すれば良いのか分からないと感じるかもしれませんが、巻き爪ブロックには丁寧に解説されたマニュアルが付いているので安心して利用できるはずです。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 

 


「巻き爪ブロック」に関するページ