巻き爪の治し方

 

 

 


巻き爪の治し方について

このページでは、巻き爪の治し方について詳しくご説明していきたいと思います。

 

自宅での矯正や病院での治療など、巻き爪の治し方は数多く存在するので、その中から自分に適した方法を見つけ、実際に試してみてください。


巻き爪ブロックを使おう

自分で自宅治療ができる方法として、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックが挙げられ、簡単に行える巻き爪の治し方だと説明できます。

 

僅か3,000円という低価格で購入できるところが大きなメリットで、装着するのも外すのも全て自分の自由です。

 

巻き爪になると個人によって違いが生じているものの、「痛くて靴を履けない」「爪を切るのが怖い」「見た目が酷くて人前で裸足になれない」といった不快な症状が引き起こされやすくなります。

 

それに、痛みが更に酷くなると歩行が困難となり、日常生活に大きな支障が出るかもしれないので、早めに何かしらの対処をしなければなりません。

 

病院に行くのが面倒だと感じている方でも、巻き爪ブロックであれば自宅で簡単に処置を施せますし、マニュアルがあるので初心者でも自力で矯正できるのです。

 

巻き爪の治し方として、現在では自宅治療が一般的となっているので、症状が悪化する前に巻き爪ブロックを使っていきましょう。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 


病院で矯正しよう

巻き爪の治し方として、病院での矯正も一般的な方法で、形状記憶合金やワイヤー、B/Sブレースを使った方法など、個人の症状に合わせて専門医が適した治療を施してくれます。

 

あまりにも巻き爪の症状が酷い場合や、患部が化膿している場合は矯正ができないかもしれませんが、まずは専門医に症状を診てもらうということが大事なのです。

 

一般的に、病院でワイヤーを使った矯正を行うと、保険外治療なため、1回当たり5,000円〜10,000円程度かかってしまいますが、信頼できる病院で処置を施してもらえば、それだけ巻き爪を完治させられる確率はアップします。

 

そのため、まずはお近くの病院で、巻き爪の治療を行ってくれるかどうか、チェックしておくべきです。


病院で手術をしよう

ただ爪が巻いたように生えている巻き爪だけではなく、皮膚の肉に爪が食い込んで患部が腫れている場合、ワイヤーやプレートを使った矯正が行えないので、手術が行われる場合があります。

 

必ずしも手術をしなければ治らないわけではないものの、鬼塚法やフェノール法と呼ばれる治し方が一般的です。

 

手術の方法によって異なりますが、上記でご紹介した方法よりも痛みを伴うことが多く、患者さんにとって大きな負担が掛かるかもしれないので、手術を受ける前に、きちんと医師の説明を受けるようにしてください。

 

 


「巻き爪の治し方」に関するページ