コットンを使った巻き爪の治し方

 

 

 


コットンを使った巻き爪の治し方について

巻き爪は見た目が不愉快な状態になるだけではなく、何よりも痛みが強烈で、日常生活に支障を来たすことも決して少なくありません。

 

ただ歩くだけでも痛みが生じる場合があり、患部が化膿したら見るも無残な状態になるかもしれないので、コットンを使った巻き爪の治し方をおすすめします。

 

巻き爪が痛くなるのは、爪の端が皮膚に食い込むのが大きな要因なので、それを遮るためにコットンを爪と皮膚の間に入れ、痛みを和らげるのです。

 

この方法はコットンパッキングと呼ばれており、清潔な脱脂綿を3mm程度の大きさにカットし、ピンセットで詰め込むだけの簡単な処置となっております。

 

コットンパッキングは一時的に痛みを和らげる方法に過ぎないのですが、巻き爪の症状が軽ければ十分に改善が可能なので、自宅で気軽に行える治し方の一つなのです。

 

簡単な割にはある程度の効果が見込める方法ですし、初期の巻き爪で悩まされているという方は、コットンを詰めた治し方で改善を試みるのが良いかもしれません。

 

とは言え、爪が巻いている状態でコットンを爪と皮膚の間に入れるのは並大抵のことではないので、爪と皮膚が柔らかくなっているお風呂上りに行うべきです。

 

ただし、巻き爪を根本的に治療したいと考えているのならば、コットンパッキングではなく、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用した方が良いでしょう。

 

自宅で行う巻き爪の治し方として、巻き爪ブロックが一番効果的となっており、爪に大きな負担が掛かることもないので、一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、爪が食い込んで痛みが引き起こされている状態を改善してくれるコットンパッキングは、決して難しい方法ではないものの、正しい処置をしていかなければ全く意味がないです。

 

ただコットンを詰めるのではなく、雑菌の繁殖を防ぐためにも、まずは患部を清潔にし、その後に消毒されたピンセットを使って少しずつ詰めていきます。

 

あまりにも量を多くしすぎると、逆に刺激されて痛みが増すかもしれないので、最初は小さめの脱脂綿から始め、痛みが改善されないようであれば、だんだんと量を増やしていくべきです。

 

そして、爪の間に詰めたコットンは時間が経過するにつれて、汗などでだんだんと汚れていくので、何日間も放置しないようにしましょう。

 

コットンパッキングは、ネイルケアの専門店でも行われている治し方の一つで、自分で上手くできないのであれば、相談するというのも一つの方法です。

 

ネイルサロン以外にも、皮膚科や整形外科で巻き爪の矯正や治療が行われているので、早く改善したいという方は足を運んでみるのが良いかもしれません。

 

 


「巻き爪の治し方」に関するページ